待ち人来る?

今日も本当に春の陽気。朝から我が家にはfalegname(ファーレニャーメ)木工職人が二人来てサロンの仕上げなどをしてくれて賑やか。そうこうしていると先日かったソファーベッドがIKEAから届く。
待ち人来る?_d0136540_264170.jpgh&wさんに作って頂いたクッションカバーを置いてみるとぴったりです。これは一階の客室で二階の分はブルーを選びました。このソファーベッドで客室の家具は全部そろいました。

もうすぐ春です。家作りに終わりはないのですが春には一段落させた形をお披露目させたいと思っています。後ひと頑張りです。
# by galleriaarsapua | 2008-02-23 02:10 | 家作り | Comments(2)

春近し

今日は春のような日差しで暖かった。昼からは家作りに参加。裏の階段の大理石のレヴィガーレの仕事が与えられる。春近し_d0136540_1243033.jpg
zoccolino(ゾッコリーノ)といって階段と壁を繋ぐ土台を大理石の板を張ります。担当のオリヴァーはやはりプロなのでまっすぐ一直線に象ってくれます。下から二段目のゾッコリーノがないのは私が別の場所に持っていってレヴィガーレしているからです。


春近し_d0136540_1303853.jpg
ジャーン!このように私もお仕事に参加です。
この家は本当に大理石をふんだんに使っています。大理石は白いのでやはりしみにならないようにメンテナンスしないと行けません。レヴィガーレの仕事が終わったら今度はしみ防止剤を吸い込ませる仕事が待ってます。自然の素材は美しくていいのですが美しさを保つ為には努力が必要です。私はいつも家と庭のメンテナンスばかりしているので自分のメンテナンスも時にはしないといけませんね。(笑)
# by galleriaarsapua | 2008-02-22 01:38 | 家作り | Comments(4)

パッチワーク

先日、hさん達に縫い上げてもらったベッドカバーにアクセントを付けるべく、パッチワークをしようと思いつく。イタリアに来る前は裁縫をしようと和の布地やいろんな柄の布地を集めていた。イタリアに来てこちらの生活に慣れるのが精一杯だったのか日本でしていた事を全くしていない。これからは少しずつ要領よく時間を作ってがんばってみよう。
パッチワーク_d0136540_1232891.jpg

# by galleriaarsapua | 2008-02-20 01:24 | 手仕事 | Comments(2)

草抜き

昨日、ブログにぶどう畑の写真を載せたからかなぜか今日はぶどう畑の手入れをしたくなる。昨日も書いたようにぶどう畑には古いブドウの木と新しいブドウの苗がある。草抜き_d0136540_1155085.jpg

こちらが古いブドウの木です。



草抜き_d0136540_1173414.jpg
そしてこちらが約3年前に植えた新しいぶどうの苗barbatella(バルバテッラ)が育ったブドウの木です。植えたとき土から苗を守る為に赤いチューブ管で守っています。私の仕事はこのバルバテッラが雑草に飲み込まれないように周囲の雑草を手で抜く事でした。ただ、去年の夏くらいからこのバルバテッラも大きくなったので今年の冬はちょっと怠けていました。今日はバルバテッラの周りの雑草を手で抜く作業をしていました。すると不思議。なんだか気持ちが落ち着いてきます。そうだ、思い出した。この土との対話。ぶどうとの対話を。最近、よけいな心配事をして落ち込む事が多かった私。でもなんだか初心に帰れた気がした。今、与えられたものを精一杯大切にしよう。
# by galleriaarsapua | 2008-02-19 01:30 | 葡萄畑・ワイン作り | Comments(5)

私のぶどう畑

今朝少し寝坊して目を覚ますと快晴。とても気持ちのいい日曜日。冬の間、放っているぶどう畑に挨拶に行きました。(家の敷地内だけど)
私のぶどう畑_d0136540_2482417.jpg
ブドウを収穫した9月の末から何も手入れしていない。3月になったら剪定しないといけません。冬の間はぶどう畑に手入れはかかりませんが春から夏にかけては一定周期でzolfo(ゾルフォ)rame(ラーメ)、硫黄や銅をブドウの葉に撒いたり、のびるブドウの葉を剪定したりぶどうは手がかかります。でも手をかけた分だけ美味しい果実が実ってくれるので自然は正直です。この家を買ったときこの地にぶどうがあることも分かりませんでしたが荒れ放題の草を刈っていくとぶどう棚が出てきたのです。でも美味しいワインを作るにはぶどう棚でできたぶどうよりも出来るだけ土に近いところで実ったブドウの方が甘いブドウが出来るのでキャンティなどのぶどう畑も皆、背が低いです。私たちもぶどう棚のぶどうはいい木だけ残して2005年春、新しい苗を200本植え直しました。このぶどう畑は私とオリヴァーがくい打ちからやり直したのでとても愛着があります。もうすぐ春だね。
# by galleriaarsapua | 2008-02-18 03:11 | 葡萄畑・ワイン作り | Comments(3)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る