トラ子の秘密

2月22日は猫の日だそうですね。
私の家には猫が4匹居ます。
家猫のリリーとタローは、2020年の春に我家に来ました。
その時は、先代猫のリンダとジジが居ました。
ジジが2021年の1月に亡くなって、直に、仔猫のノラが隣に居る事を知り、ノラに餌をあげ始めました。
そうしている間にシマシマの猫もニャーニャーいって近づいてきました。
一匹も二匹も変わらないと思い、そのシマシマの猫にも餌をあげ始めました。
仔猫の名前は野良猫の意味で、ノラにしました。
シマシマの猫は、トラ模様という事でトラ子にしました。
実は目の色が違って尻尾がなくて白足袋を履いている猫もいて、その子をタビとよんで、3匹に餌をあげていました。

タビは、リンダが死ぬ前に、来なくなりました。
多分、どこかで死んだのだと思います。

だから、外猫は、ノラとトラ子だけでした。

ただ、先代猫のジジをいじめた悪い猫(私にとっては)、黒猫が居ました。

今も時々来ます。

黒猫が来たら、追い払います。

先日、黒猫だと思って石を投げたら、それは外猫のトラ子で、トラ子に投げた石が命中して、反省しました。

猫に石を投げるのはやめようと、心に決めました。

そして今日、トラ子とその黒猫が、兄弟だという事を知りました。
それは向かいの家に数年前に越してきた、ナポリ人の奥さんに教えてもらったのです。

トラ子も、黒猫もそのナポリ人が越してくる前に居た、ミラノ人の老夫婦の家の猫だったようなのです。
ただその老夫婦は、この山暮らしに自分たちの年では暮らしていくのは難しいと知り、家を売ってミラノに住む息子の側で暮らす事を決めました。

その後、ナポリ人の夫婦がその家を買い、住み始めたのですが、前のミラノ人の老夫婦が3匹の猫を飼っていたそうなのです。

その猫達が、トラ子、タビ、黒猫だったようなのです。
トラ子とタビは私は直に受け入れて餌をあげましたが、黒猫は、先代猫のジジをいじめて、死に追いやった憎い猫なので、私は黒猫が来たら追い払っていました。
でも黒猫は、あのミラノ人の家の猫だったのです。
私の家の猫になりたかったのでしょうが、なれずにジジをいじめたのでしょうね。

それともジジをいじめた黒猫とは違うのかもしれません。

だけど、明らかに先日、トラ子の側に黒猫が居たのです。
その黒猫は、トラ子の兄弟なのでしょう。。。。

今日、リンダとジジのお墓参りをしました。

ジジをいじめた黒猫だけれども、それなりの背景と理由を知ると、憎き黒猫と思わなくなりました。
(ミラノのろう夫婦に捨てられて、更に自分の家なのに、新しい人たちと犬が来て自分の家に入れなくなったのです。)

自分の周りで起きている事は、自分が知らない色んな事情があるのだと思いました。

でも自分の幸せや自分を守る事も大事でそれを放棄するのとは、また違う、と思ったりしていました。




人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-02-22 16:52 | 猫、動物 | Comments(0)

アルスアプアの芸術

私は家に居る時は、畑に居るか、下のサロンに居る。
下のサロンは窓が大きくて外の景色がよく見える。
時々何だか外が光っている事があるので、外にいくと、虹が出ていたりする。
そんなときの山の表情がまるで生きているみたいに感じて、命を感じざるを得ない。

今は夕日が沈むときに、綺麗な表情を見せてくれる。

ある時はー

アルスアプアの芸術_d0136540_00572437.jpeg

アルスアプアの芸術_d0136540_00581738.jpeg

赤い夕日が山に反射して、縞模様のピンクをみせてくれた。

そして今日はー

アルスアプアの芸術_d0136540_01343412.jpeg


アルスアプアの芸術_d0136540_01351086.jpeg

アルスアプアの芸術_d0136540_01353306.jpeg

アルスアプアの芸術_d0136540_01355596.jpeg


黄金色の夕日が綺麗に反射して、また違う顔を見せてくれる。

こんな景色を見せられると、まるで山が何かを語ってくれてるというか、何かを伝えてくれている様に感じる。

私もまたそれに反応して、幸せな気持ちになったりして、山と夕日とコミュニケーションをとっているのです。

コニュニケーションの方法も、いろいろ変わってきた。

昔は、会うか手紙、早くても電報。
そして電話、今は、携帯電話、SNS、等々
SNSの使い方も、どんどん変わってくるのかも?
初めは、どう使っていいのか分からなくて、、、
開けるとびっくりする内容が目に飛び込んでくる事もある。
自分が誘われていない食事会や、イベントなどで、楽しんでいる友人の姿を見て、自分が疎外された気持ちになったり、、、
という話をよく聞き、SNSは使わない、とか、よくない、とかいう話をきいたことがある。
でも今ではそんな風に、他人に見せびらかすような投稿は、少なくなってきている気がするし、結局の所、どんな投稿も見たとしても、自分の精神状態が反影されるような気がする。
だからSNSを使いこなすには、それなりの器が必要なのかもしれない。
そんな事いう自分もまだSNSを積極的には使い切れていないけれども、、、

コニュニケーションで時々落ち込む。

相手を傷つけたくはないけれど、言葉の語彙が少なくて、正直すぎたりして、時々、相手を傷つけてしまう。
そして相手以上に自分も傷ついてしまう。
そんなとき、猫とは話さなくても分かりあえている気がして、時々、言葉でなくて、テレパシーでのコミュニケーションの方が、本意が伝わるのではないかと思ってしまう。
自分が話している事が全く自分がいいたい事とは限らない。
嘘をついている事だってあるでしょうし。。。

いつの日か、夢とかテレパシーでコミュニケーションが取れる様になれるのかもしれない。

人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-02-17 04:08 | 芸術 | Comments(0)

猫と野良仕事

今日はいちご畑の掃除をしました。
冬の間、枯れたりしている部分を綺麗に取り除くという作業です。

猫と野良仕事_d0136540_03241408.jpeg

いちご畑があるのは、野良猫のトラ子が住んでいる場所のすぐ側にあります。
私がいちご畑に居ると、家猫のタローもリリーも側に来ます。
そこにはトラ子もいて、トラ子は、タローとリリーが自分のテリトリーに来るのが面白くないよう。

タローは家の敷地は全て自分のものだと思っているから、堂々と来るけれど、トラ子はタローとリリーが居る家には入れない。
だから私(トラ子)の家にも来ないで!みたいな気持ちがある事に気付く。
タローが彫刻の上でリラックスしていたら、トラ子は威嚇していました。
トラ子はなかなか、ガンコで強い。
もう一匹の野良猫のノラは、気が弱くて現状を受け止めている。
性格も違うけれど、逞しく生きていてかわいい。

猫と野良仕事_d0136540_03245421.jpeg

上の写真の右はタロー、左はトラ子。
ゴロ—ンって寝転んでひなたぼっこしている。
こう見ると仲良さそうなんですけれどね。




人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-02-16 04:06 | 猫、動物 | Comments(0)

春'24?

先週は雨が多かったです。
人間の感情は環境、天気に左右されると、冬の雨続きのイタリアで感じました。
冬の寒いときに、雨降りが続くというのは、何とも精神衛生上に悪い事なんだと、イタリアに住み始めてすぐの冬に思いました。
日本の冬は寒いけれども、晴れていて、乾燥していて、素晴らしいです。
そして温泉や、お鍋等の食べ物で、身体も温める事が出来ます。

でもこの数年、イタリアの冬はそんなに寒くないようです。
いえ、寒いですよ、でも最低気温0度とかは、今年も数日だった様に感じます。

日本の天気予報もチェックしています。
先週とか、日本は凄く寒かったのではないでしょうか?
大雪も降りました。
イタリアは、それに比べたら、暖かかったです。
私にとっては、ありがたいのですけれどね。

雨続きの先週でしたが、今日の月曜日は、朝から太陽が出ていました。

私は、薔薇の剪定をしました。

ふと見上げると、至る所に咲いているクリスマスローズがこちらを向いて咲いています。

春\'24?_d0136540_02303150.jpeg





写真では分からないかも?

でもとってもかわいいのです。

クリスマスの時期に咲き始め、パスクワ(春の始まり)まで咲き続ける、かわいくて強い花です。

この時期にお雛様を飾ります。

春\'24?_d0136540_02322355.jpeg


大好きな木目込みのお雛様。

去年は、リンダの調子が悪くて、リンダを思いながら飾ったよね。。。

なんて考えていました。

春はもうそこまで来ています。




人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-02-13 02:51 | 季節のもの | Comments(0)

ミラノでミケランジェロ〜未完のピエタ

ミラノに出向いた目的は、親交の在る宝生流の舞台を観る為でしたが、実は同じくらい、楽しみにしていたのが、ミケランジェロの未完のピエタに出会う為でした。

ミケランジェロはもう、私にとって、他人ではなくて、(って私って何者?)ミケランジェロの作品はほぼ見ていますが、
スフォルツァ城にあるロンダリーニのピエタは、まだ観た事が無かったのです。
ミラノでミケランジェロ〜未完のピエタ_d0136540_03352488.jpeg

イタリアに来た頃から、このロンダリーニのピエタこそがミケランジェロ作品の中で、最も素晴らしいのだと、たくさんの彫刻家から、聞いていました。
そのロンダリーニのピエタとの初対面だったのです。

ミラノでミケランジェロ〜未完のピエタ_d0136540_03354699.jpeg



ミラノでミケランジェロ〜未完のピエタ_d0136540_03360280.jpeg

何とも優しくて、清らかな印象を受けました。

しかし、私にとっては今までのどのミケランジェロの作品にも、同じような優しくて、清らかな印象はあるのです。


この作品は、ミケランジェロの遺作で、亡くなる数日前まで、ノミを入れていたようです。
強いミケランジェロも、さすがに精魂尽き果てて、大理石に向かっていったのでしょうが、それがまたいいと、いう批評もあります。

具象具象というよりも、誰の腕か分からない腕があったり、原石の中から、大切な人が浮かび上がってきているような彫刻も、何だか、コンセプトがある、現代の抽象彫刻に通ずるものを、彷彿させられたりもしました。

石じゃなくても表現できたのかな?
なんて考えも浮かびましたが、石だから出来たんだと、時間が経っての考えにたどり着きました。

ミラノでミケランジェロ〜未完のピエタ_d0136540_03373576.jpeg

ミケランジェロが愛した大理石の山が在る、私の家に帰ってきました。

やはりここは、特別です。

ミラノ1泊二日の旅は、旅の道連れ、女流彫刻家、三村アキさんのおかげで、意義在る時間になりました。


人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-02-09 04:08 | 彫刻 | Comments(0)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua