パスクア〜復活祭

今日はパスクアです。
今年のパスクアは早いですね。
「パスクアの日は春分の日以降の最初の満月の次の日曜日」と定められていて、今年は、3月25日が満月でしたから、その次の日曜日、3月31日がパスクアでした。
3月の最終日曜日は、冬時間から、夏時間に変わります。
今まで6時だったのが、7時になるのです。
昨日はB&Bのお客様が、いらしたので、寝る前、その話になり「今は22時だけど、明日の時間では23時で、、、」なんていってましたが、結局は「そんな事考えないで、明日の時計に従おう」と話を終えました。
iPhoneは、勝手に時間を調整してくれているので、それに従うのが一番。
そして手動の時計も直に全て変える。
何も無かったかの様に、時計に従う。

さて、パスクアのお話をー

3月になって雨が多かったりもして、色々と自分の心の奥を見つめていました。

そうしたら、「許す」という事にたどり着きました。
それは特定な人というよりも、自分の魂のレベルでの傷についてのことかも知れません。

私の場合、自分のかわいい飼い猫を、定期的にいじめる悪い黒猫が許せない!
なんて思っていたときもありましたが、ふと、先日、十字架に架けられて殺されたイエス・キリストの事を考えた。
一説では6時間くらい十字架の上で、貼付けになって、痛めつけられて、亡くなった(殺された)そうです。
その間、裏切ったユダを恨んだり、神を恨んだりもしたそうですが、最後の最後は、「神よ、この者達(自分を殺している人たち)を、お許しください。
彼らは自分の過ちを知らないのです」と、自分を残虐な方法で殺している人たちをも許し、更にそのもの達の愚行の許しを、神様に請ったのです。

作られたおとぎ話ではなくて、実際に起きた話なのです。

その心情を深く深く想像しました。
そして、周りにいた、聖母マリア様も含む、イエス様の弟子達の気持ちも想像してみました。
6時間も敬愛するイエス様の無惨な姿を、何も出来ずただ見ている者達の苦しみを想像しました。
イエス様と同じくらい、辛かった事でしょう。
特に聖母マリア様の苦しみは、いかばかりかと、、、
気が狂ってもおかしくないレベルです。
イエス様は、十字架の上の6時間で、悟られて、自分を殺す者まで許し、そして神に、そのもの達の為に祈られた。
でも周りの者達は、イエス様程の心理状態に到達していなかったかもしれない。
どんなに辛くて、悲しくて、怒りを感じた事でしょう。
同じ想い(大切な人を殺されるという)を、殺した人の大切な家族に仕返ししてやる!なんていう思いもあったかもしれません。
でも、イエス様は、自分の周りの者にも許すという事を、宿題として残したのだと感じました。
大きな宿題、それは、何回も何回も生まれ変わらないと、克服できないくらい大きな大きな宿題です。

悪い黒猫が、死んだ私の飼い猫のジジ、リンダ、そして今のタローをいじめるので、袋に入れて、山に連れて行ってグルグル空中で回して、山の上から投げ出してやる!なんて怖い考えをもった事もありましたが、黒猫が、自分が飼われていた家の人たちがミラノに引っ越しし、捨てられてしまっていた事を知ったりして、今までの怒りも無くなってきて、最近は、自分の家と自分の家猫のことを守るけれど、黒猫に石を投げたりもせず、外猫達の餌に、黒猫への餌も置いて上げたりもしています。
あまり甘やかすと調子に乗るので、厳しい態度はとっていますが、、、

まあ、私の黒猫への許しと、イエス様の許しのレベルは比較できませんが、、、笑

パスクアはそのイエス様が復活したといわれる日。

死んだ人が蘇るなんて、、、???ちょっと眉唾(失礼!)

でも許すという事で、蘇るのかもしれない。

素晴らしい日ですね。

Buona Pasqua!!


パスクア〜復活祭_d0136540_21515245.jpeg



作者 彫刻、大木達美
   絵、谷本オサム


人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-03-31 23:06 | イタリアの生活 | Comments(0)

自分を責めない

昨日は天秤座の満月で、月食も伴うようで、凄いパワフルなエネルギーの満月なのに、何だか、気持ちが沈んでしまいました。
そんなときは、思い通りにいってない気がして、なぜ自分だけが、こんなに我慢しなければならないんだろう?とか、私が何を(どんな悪い事を)したって言うの?なんて自分の不遇さに、行き場の無い怒りを抱えてしまいます。
そんなとき、泣けたら泣く。
我慢しないで、声を出してなく。(出来るのならば)
泣いたあと、何だかすっきりしている。
泣く事は笑う事と同じくらい、身体にいいそうです。
そして落ち込む原因はやはり、自分を責めているから。
「どうせ私なんてー」とか、「私が悪いのよ」等々、、、、
自分をいじめるのは、最大の弱いものいじめらしいです。
気付けば、自分いじめ、弱いものいじめした時に落ち込んでいる。
そして今日は、何だか抜ける事が出来た。

「許す」という言葉が、私の心を癒してくれる。
自分をいじめた、弱いものいじめをした自分を許す、心の深い深い傷の原因を作った出来事を許す、、、

ださくても、なんでも、生きる事をあきらめない。
もう無理、限界、って思う事もあるけど、それはそれでいい、、、その時は泣いても自分を責めない。

そして他人と比べないで、自分の中で自分の精一杯に挑戦していたら、それは必ず報われる。

神は見捨てません。





人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-03-27 04:34 | 心のお話 | Comments(0)

ウプパ

今朝、タローが私が洗面所にいるときにわざわざ来て猫のトイレの砂でおしっこをしているけれど、おしっこがでていない。
先代猫のリンダとジジも同じ事があったので、急いで獣医さんに連れて行きました。
タローは睡眠剤で眠らせて検査して、うまく行けば夕方、迎えにいく事になりました。

今日は夕食会があるので、準備に奔走。
何だか予定通りにいかない事があり、ぎくしゃくした感じ。
ストレスを感じながらも、やるべき事をやるしかない。。。

そしてふと、外にいくと、何かが目の前を横切り、近くの木にとまる。

それはウプパのこどもでした。
ウプパは白黒のストライプの羽根をもち、綺麗なとさかをもつ、とても美しい渡り鳥で、
この家に住み始めて、葡萄畑で仕事をしているときに初めてみたのですが、この世のものとは思えない程の美しい鳥に感動しました。

それから毎年、春から夏になると時々現れて、ウプパが来ると嬉しくて明るい気分になります。

今日もちょっと気分が落ち込んでいたから、ウプパが来てくれて嬉しかった。

ウプパがきたら、亡き夫がウプパになって会いにきてくれていると思ってしまいます。
子供のウプパって、、、なんだろう?


人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-03-26 08:55 | 自然 | Comments(0)

春の息吹

今日は葡萄畑で働く。

春の息吹_d0136540_02502984.jpeg

葡萄が芽生え始めています。

こちらは、洋梨



春の息吹_d0136540_02512566.jpeg

こちらも蕾膨らんでいます。

春の息吹_d0136540_02525975.jpeg

マーガレットをはじめ、色んな花が咲き始め、春の息吹、強いエネルギーを感じました。


春の息吹_d0136540_02543100.jpeg

春のエネルギー、始まりの強いエネルギーをたくさん吸い込みました。

*おまけ

春の息吹_d0136540_03050037.jpeg

タロー、すっかり元気です。



人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-03-22 02:49 | 自然 | Comments(0)

宇宙元旦、春分の日

今日3月20日は春分の日で、宇宙元旦でもあります。
春分の日は太陽が通るみち「黄道」と「天の赤道」の交わる2点の一つを春分点となるため、年によっては3月20日であったり、21日になったりするそうです。
そしてその春分の日は、占星術では1年の始まりの日となるので、宇宙元旦とも言われています。

3月は卒業のシーズン、何かが終わって何かが始まる。
そういう時期だそうです。

1年の計(目標)は元旦にあり

私も目標を立てました。

「自分を大切にする」ということを第一の目標にしました。

掘り下げていくと

食事をコントロールする。暴飲暴食はしない。
ストレスを溜めない。ストレスの原因を追及して、自分の考え方で変わるのならばいいですが、そうで\なければその問題を解決する必要がある。
自分の欠点も許す。それは次は気をつけようね、といってあげて自分を追いつめていないから、自分も安心感といっしょに欠点に向かっていける。

まずはそんな感じです。

今年一年は、魂の使命に向かっていく一年だそうです。

魂の使命って?

一緒に考えてみましょう。




人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
# by galleriaarsapua | 2024-03-21 03:36 | 星に願いを | Comments(0)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua