’08ヴェンデミア

今日9月27日は今年の ヴェンデミア(ぶどうの収穫)を行いました。
’08ヴェンデミア_d0136540_234848.jpgやはりこの日はぶどう畑を持っている人にとってはお祭りです。そして手伝ってくれる友人達がいてこそ出来るのです。
今年はOrtonuovoというところにぶどう畑を持っているオリヴィエロの友人がぶどうの出来が良くなかったので自分たちはヴェンデミアをしないのでいいぶどうだけでもとりにきたらいいと言ってくれたので二手に分かれてのヴェンデミアです。

’08ヴェンデミア_d0136540_2451566.jpgうちの方には日本人のお友達とアメリカ人イタリア人、合計8人で行いました。皆、無口に黙々とぶどう狩りをしてくれて12時前には全て終わりました。オリヴィエロに電話したらまだ終わらないというので皆で車で30分くらいのところまで応援に行きましたらもう殆ど終わるとという事でとんぼ返りで帰ってくる。
そして午後2時過ぎにやっとお昼ご飯を食べる。
近くのトラットリアのおばさんに予めポレンタとコニーリオ(ウサギのソース)、ラビオリを頼んでいたのです。そして今日はお手伝いにきてくれていたオリヴィエロの友達がモッツアレーッラブッファーナを持ってきてくれたので畑のトマトと一緒に食べました。あまりにもおなかがすいていたので写真を撮る暇がありませんでした、


’08ヴェンデミア_d0136540_2541824.jpgさあこれからもうひと頑張りです。
’08ヴェンデミア_d0136540_2555216.jpg大きな赤い容器がつぶしたブドウを受ける容器です。そして上に乗っている赤い機械はブドウを電動でつぶす機械です。これも人手が必要。連係プレーが大切です。
’08ヴェンデミア_d0136540_2573598.jpgこんな感じでカセットごと持ち上げてブドウを機械に流し込みます。
’08ヴェンデミア_d0136540_259223.jpg機械の下の方からブドウの茎だけがでてきます。そして実とジュースは機械の下に受けている大きな桶のような容器に直接流れて行くのです。
’08ヴェンデミア_d0136540_361540.jpgこうして絞ったブドウは実と皮が上にこんもりとしています。それをこのように実をジュースの中に押し沈めるのです。
’08ヴェンデミア_d0136540_391156.jpgそして絞ったブドウジュースの糖度を測ってアルコール度数を計るためブドウジュースを容器に入れます。
’08ヴェンデミア_d0136540_3113712.jpg緊張の瞬間です。アルコールが高くなってもらう為に今まで頑張ってきたからです。今年のワインは赤、12.2〜12.5度。白、13.5〜14度。という数字が出ました。
でもきちんとした数字は成分を分析にかけますのでそれで分かります。
まずまずのアルコール度数という事でほっとしました。

’08ヴェンデミア_d0136540_3143620.jpg後、酵母菌を溶かして絞ったブドウに混ぜます。容器の上に虫が入らないように網を張って今日の作業は終わります。全てが終わったのは夜の7時を過ぎていました。
手伝って皆さん、ありがとうございました。美味しいワインが出来たらまた皆で飲みましょうね。
Commented by anrianan at 2008-09-28 08:48
さすがワイン産出の国という気がします。ヨーロッパはどの国も、こうやってワインを作っているのかぁ、とちょっとカルチャーショックのようなものを感じています。収穫の作業にしても、機械を使っての作業にしても、こうやって協力し合って作るんですねぇ。
前回の記事でも書かれていましたが、糖度によってアルコール度が決まるということも知りました。やっぱり・・・・・・、歴史とスケールの違いを何となく感じます。
ワインの出来上がりが楽しみです。
Commented by galleriaarsapua at 2008-09-28 18:42
*anriさん、こんにちは。
そうですね、こうやってワインを作れるのもお友達の協力があってこそです。
日本でもお餅つきなど皆でわいわい協力し合って作っていたような気がします。でも今はそれもなくなりつつありますよね。
人付き合いや面倒な事を皆、したくなくなってきている。
お金を出せば手に入るから煩わしい事はお金に換算してしまう。
わかるような気もするけど人間力が乏しくなってしまうような気がします。
Commented by kato_note at 2008-09-28 20:41
こんにちは!とうとう1年の集大成のぶどうの収穫祭ですね。
こういう作業は大変でしょうがみんなで出来て楽しいですよね
我が家は田舎なので餅つきもしますよ。お酒片手に!
おじさん達がおじいちゃんになり、たくましい女の子達が杵をふるっています。
オリヴィエロさん体細いのに腕太いさすが彫刻家!
Commented by galleriaarsapua at 2008-09-29 02:10
*katoさん、こんばんは。
ブドウを収穫したあとのブドウ畑はなんだか寂しく感じます。
秋が終わって冬がくるんだなーって感じもします。
お餅つきするのですか?いいですねー。つきたてのお持ちをあんこに絡めて食べるの好きです。
お酒片手にというのもうなずけます。飲まないとね。そういうときには。
オリヴィエロは体は細いけど腕や肩はたくましいですね。
鋭いチェックですkatoさん。(笑)
Commented by momo_capricci at 2008-09-29 05:19
Kazukoさん、こんばんは。昨日はお疲れ様でした!
ぶどうの収穫は、皆さん黙々としていましたね。爽やかなお天気で気持ちよかった!
食事のあとはこのような作業が待っていたのですね。機械でしぼって酵母を混ぜる・・・どんなワインに仕上がるか楽しみですね!なかなか見ることのできないワイン造りを少しだけですがお手伝いさせていただいて嬉しかったです。皆さんといただいた食事もおいしかった!写真撮れませんでしたね(苦笑)。
お土産に美味しいワインありがとうございました。アルビーも「ホントに美味しい」と言っていましたよ!今年のワインも美味しくなりますように・・・
Commented by galleriaarsapua at 2008-09-30 00:38
*momo_capricciさん、こんばんは。
こちらこそ手伝って頂いてありがとうございました。
疲れませんでしたか?私は日曜日はゆっくりさせてもらいましたよ。
また今年のワインが出来たら一緒に飲みましょう。アルピーにも評論してもらわないとね。
Commented by 和美 at 2008-09-30 01:55 x
いいねぇ〜〜〜!!私は幸いにも昨年の飲ませていただきました。今年も楽しみですね〜〜〜。オリヴィエッロの真剣な顔もなつかしい!
Commented by galleriaarsapua at 2008-09-30 16:55
*和美ちゃん、おはよう〜。コメントありがとう。
今年のワインもお毒味、いえいえご賞味くださいね。(笑)
英国風ルネッサンスですか?未開発の粋を開発されているようで私も触発されて苦手な事、新しい事に挑戦して行きたいなーって思ってます。
Commented by tammys04 at 2008-09-30 20:00 x
ご無沙汰しています。
収穫終わったのですね。
記事を読みながら私も去年の収穫のお手伝いを思い出しました。
かなり重労働ですよね~。前々から一度は体験したいと思ってて、友達に頼んで参加させてもらったのですけど、夕方には腰が痛くて(笑)
今年は忙しいのもあったのですが、参加できませんでした。
昨年収穫したワインを先日頂いて飲んだのですが、とても貴重に思えて感慨深いものがありました。
いつかkazukoさんのところにもお邪魔しますからね~(ちょっと多忙でこの秋はまた無理そうなんですが--)
その時はよろしくお願いします~。
Commented by piccolipassi at 2008-09-30 20:55
kazukoさん、こんにちは♪
Vendemia、一度10年くらい前にお手伝いをしたことがあります。
といっても、体験させてもらう感じで、あまり戦力にはならなかったんですけどね(笑)。
momo_capricciさんもお手伝いに行かれていたのですね♪
来年は、私たちもお手伝いに参上したいです。
そうそう、Sarzana、夏の終わりに行って来ました。短い時間しかいられなかったのですが、すごく可愛い町で、また行ってみたいなぁと思っています。
遅ればせながら、リンク頂いて帰りますね(うっかり失念しておりました)!
Commented by ank-nefertiti at 2008-09-30 23:35
kazukoさん~、こんばんは!
お疲れさまでしたね!
本当にワインを造るって大変なのね。。。
葡萄を育てるところから始まって、収穫までの時間、そして収穫のたいへんなこと。
その後も大変!!!
美味しいワインになるとよいわね~

先日、tammyさんのところで去年tammyさんが収穫した葡萄のワインを飲ませていただきました。
美味しかったのよ~
kazukoさんのワインも来年飲みに行きますからね♪
Commented by nobukoueda at 2008-10-01 06:35
はじめまして、エミリアさんのところからうかがいました。
石の彫刻をしているのでカラーラは憧れのところです。一度是非うかがいたいですね。
大理石の岩肌を眺めながらの生活は信じられないぐらい感激!素敵!またこれkら、いろいろな彫刻で出会えるのを楽しみにしています。
リンクよろしいでしょうか?
Commented by galleriaarsapua at 2008-10-01 14:52
*tammyさん、ようこそ。杏さんのレポートでtammy像が膨らんでいます。(笑)
去年はヴェンデミアにお手伝いに行かれたのですね。結構重労働でしたか?
ヴェンデミアはやはりイタリアの伝統と文化のような気がします。
今年のワインはうまく出来たとか、いまいちだったとか、ブドウ作りからしていたら天候にも左右されるのでなかなかおもしろいです。
是非!こちらにもお越し下さい。駅まで向かえに上がります。
私もフィレンツェに行く時はオフ会しましょうね!
Commented by galleriaarsapua at 2008-10-01 14:56
*piccolipassiさん、おはようございます。
ヴェンデミアを手伝ってくれるなんて...それもフィレンツェから、そんな温かいエールを送って頂いて感激です。
サルザーナに行かれましたか?かわいい街でしょ?ルッカを小さくした印象がします。
サルザーナから家まで30分もかからないですよ。次回は是非大理石の山を見に来てくださいね。
リンクありがとうございます。
Commented by galleriaarsapua at 2008-10-01 14:59
*杏さん、おはようございます。
ヴェンデミアも終わり成分分析の結果も出ました。
今年のワインなかなかいい出来です。
でも油断は禁物でこれから手をかける必要があるのです。
生き物なので変化しやすいです。

来年、飲みにきてくださるの?その為にも頑張って美味しくなってもらわないと!(笑)です。
Commented by galleriaarsapua at 2008-10-01 16:46
*nobukouedaさん、はじめまして。ようこそこちらのブログまで遊びに来てくださってコメントを残しくれてありがとうございます。
石の彫刻家さんですか?沢山の石の彫刻家を知っていますがこうしてブログで知り合いになれるなんて感激です。
カッラーラは石の彫刻家にとってメッカのようなところですよね。
縁あってここに住んでいます。不思議です。彫刻家でもない私がここに辿り着くなんて。
いい仕事を続けてください。
リンクありがとうございます。こちらもさせて頂きます。
by galleriaarsapua | 2008-09-28 03:17 | 葡萄畑・ワイン作り | Comments(16)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る