7月のある一週間

今週(7/13〜19)は充実した一週間でした。
13日の日曜日から3泊、イギリスからのお客様をお迎えした。こちらは飛び込み(笑)ではなくて1ヶ月以上前から予約を頂いていた。ご主人日本人、奥様イギリス人の彫刻家夫婦、そして二人の子供達。上がお姉ちゃんで16歳、下が男の子で13歳のご家族です。
亡夫も彫刻家でしたが全然違うルートからのご紹介で予約を頂き亡夫が30年以上前に参加したオーストリアのシンポジウムにも後に参加されたりしていて共通点もあり昔、会った事もあるという。初めてあうのだけれど初めてには思えず楽しい時を過ごさせて頂いた。
そしたら急にこの方から嬉しいサプライズのメールが入る。ローマのガンベロロッソという有名なお料理学校を終了していまトスカーナのモンテカッティーニというところでソムリエの勉強をしているとブログをみて認識していた。「時間があったら家のぶどう畑も見に来てね」とコメントしていたら休暇を利用してきてくださった。ちょうどイギリスからのお客様が滞在してくれている日と重なるのできちんとしたおもてなしは出来ないけれど折角の機会なので来て頂いた。14日の夕方、カッラーラに来て頂いて15日の夕方カッラーラを後にされた。
はじめて会う人なのだがブログで生活環境などを知っているのでなんだか不思議。
とても頭と勘のいい人で私より若いのにとてもしっかりしていていいエネルギーを頂いた。15日のお昼、私の畑に咲いているズッキーニの花のリゾットを作ってくれた。
いきなり我が家のサロンは高級レストランに早変り。「なにこれ?きれいだしおいしいし。」お米嫌いなオリヴィエロも「おいしい!!」と大絶賛。
美味しいものは美味しい。気の入った美味しいものは馬鹿食いしなくても満足できる。
という私の持論はここでも証明された。marinaさん、お皿の真ん中にきれいに平らにして盛りつけてくれた。いつもは早食いの私だけれど御懐石のようなお料理を食べる時は出来るだけ色んな想像をしてゆっくり頂く事を心がける。
それが心を込めてつくってくれた料理人へのマナーのような気がしている。
marinaさんにはおいしいリゾットだけでなく私のブログの写真の投稿の仕方まで教えて頂く。今までに何人かの人に文章が切れていると指摘されていたのだ。
その事を相談するとスイスイスイって感じで軽やかに教えてくださった。
ありがとーー。私は何にも御返しするものがなくカッラーラの大理石の山の案内と近くにラルドで有名なコロナータという村があるのでそちらを案内させて頂きました。

そんな嬉しい出会いもあった一週間ではあるのですが昨日の金曜日はさすがに疲れていたのかお風呂に入って髪もとかず、渇かさずに爆睡。
今日の土曜日の朝は8時までゆっくり眠って行動開始。
今日は元気になっている。また明日からの一週間、頑張ろう。
Commented by anrianan at 2008-07-20 06:45
kazukoさん、おはようございます!
なるほど~、写真が直っていたのはそういうことだったのですね。(笑)
でも今日の記事は写真がないんですね。デジカメの調子がまだ悪いのですか?・・・
ソムリエの勉強をされているmarinaさんのブログも拝見しました。
世界中のあちこちで、日本の女性がガンバッテいるんだなぁ~、となんだか感慨深いものを感じました。私もホントは海外で生活を楽しみたい人間なのだけど、それに海外の方が楽しめる人間なのだけど、そういう星の下に生まれていないようで・・・・・。この窒息しそうな日本で、なんとか酸素を見つけながら楽しむ工夫をしたいと思っています。・・・・・・

ズッキーニの花のリゾット、想像つきません。(笑)
Commented by galleriaarsapua at 2008-07-20 17:35
*anriさん、おはようございます。(こちらは午前中)
ズッキーニの花のリゾットの写真とって載せなくてごめんね。
デジカメの調子悪いです。夜だったらなんとかとれるけど昼間は白くなってだめ。困っています。
marinaさん、若いのにすごく頑張っていてエネルギーのある魅力的な女性でした。
いつかきっとanriさんが願っていたような生活が出来るようになりますよ。あきらめたものが手に入った!みたいな...
私は占い師ではありませんよ。(笑)
でも頑張って努力している人には天使が微笑んでくれると信じているのです。
Commented by sono2006 at 2008-07-20 21:17
お久しぶりです、とても素敵な方とお知り合いになられたようですね。

うーん、その芸術的なズッキーニの花のリゾット、
確かに写真見たいー!そして食べたい!

疲れを癒してまた元気にお過ごしください〜。
最近こちらも仕事忙しくて疲れ気味です〜。
先週はニースから車で3時間のトリノへ2回も出張でした。
ふい〜。
Commented by AT_fushigi at 2008-07-21 02:27
はじめまして。
marinaさんの所で案内されてやってきました。先ほどGoogle Earth でCarraraを見てみましたが北西に有る山が真っ白になっていました。これが大理石の山でしょうか?
いつになるか分かりませんが、チンクエテッレへ行こうと思っています。B&B Galleria Ars Apuaに泊まっても車があれば通えそうですね。
これからも寄るようにします。
Commented by galleriaarsapua at 2008-07-21 14:26
*sonoさん、おはようございます。
そうですよ。とっても素敵な魅力的な女性でした。
頑張っている人はいいオーラが出ていて気持ちいいですね。
リゾットの写真ごめんなさいね。今から考えたらmarinaさんのカメラで撮らして頂く事も出来たのに...
あまりにも美味しそうだったので食べる事に夢中でした。次からは気をつけます。(笑)

私は週末ゆっくりさせて頂いたので元気を取り戻しています。
sonoさんも忙しそうだけれど体に気をつけて頑張ってくださいね。
Commented by galleriaarsapua at 2008-07-21 14:39
*AT_fushigiさん、はじめまして。ようこそこちらのブログまで遊びにきてくださいましてありがとうございます。
そうですイタリアの北西にある真っ白な山はCarraraです。
「Alpi Apuane」といって古代ローマ人は「月の山脈」といって愛した山です。
世界遺産に認定される事は容易いのですがそうなってしまうと大理石を今までのような量(そして今まで以上に)で採石できなくなるので世界遺産にさせないようです。
この10年ほどでものすごいスピードで切り崩されています。
その姿は痛々しいです。
チンクエテッレも車があれば通えます。チンクエテッレに続く地中海の島や村も日本人がまだ知らないいいところいっぱいありますよ。
そちらにも後ほど遊びにいかしてくださいね。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by sicilia_trapani at 2008-07-21 16:28
こんにちわ、そして初めまして♪
私もMarinaさんのブログから辿ってきました。
先日、チンクエテッレに行った際に、Carraraを車で通り過ぎました。Carraraの大理石はあまりにも有名で、時間があれば寄って見たいな~、と思っていたのですが、残念ながら時間がなく、、、、。
しかし、石の山は見事ですね!私の住むシチリアにも採石場はたくさんありますが、こんな石の山は見たことがありません。。。。
次回は是非石の山を見に伺いたいと思っています♪
又遊びにやってきます。これからもどうぞ宜しくお願い致します♪
Commented by galleriaarsapua at 2008-07-22 05:12
*sicillia_trapaniさん
Reiさん、こんばんは。そしてはじめまして。ようこそ私のブログまでお越し下さってコメントまで残してくださってありがとうございます。
実は何度かReiさんのブログを訪ねた事はありました。
コメントしないで読み逃げ(?)って言うのをしていました。(笑)
シチリア、いいですね。いつか行ってみたい。
イタリアに住んでいるといつでも行けるわって思っているのが良くないですね。
ローマから南、まだ行った事ないのです。
時間を作って...ですね。
こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by piccolipassi at 2008-07-22 05:17
はじめまして。Firenzeに住むPolidoroと申します。
エキサイトのトップページにmarinaさんがこちらにいらっしゃった記事がリンクされていて、そこから飛んで参りました。
私たちが行く海の後ろにAlpi Apuane(ちょうど真後ろにあるのはMonte Gabberi)があるので、Carraraはとっても身近に感じる場所なのですが、残念ながらまだ一度も訪れたことがありません。
昨年、義弟家族が大理石の山とコロナータに行ったのですが、その話を聞いて興味津々だったのですが、そのCarraraに住んでいらっしゃるのですね。
いつか(近いうちに)そちらに遊びに伺いたいです♪
Commented by galleriaarsapua at 2008-07-22 15:03
*Polidoroさん、おはようございます。
フィレンツェからカッラーラのブログまでようこそ遊びにきてくださいました。
フィレンツェとカッラーラ近いですよね。
私もフィレンツェに大学生の時からの友人が住んでいいて初めの頃ここから逃げ出したくなるとフィレンツェまで彼女とミケランジェロの作品にあいにいっていました。

コロナータ、家から直ぐ近くです。
フィレンツェとは違う魅力のあるカッラーラです。
いつでも遊びにきてください。
Commented by tammys04 at 2008-07-25 17:03 x
初めまして。
ATさんのところから飛んで参りました。
カッラーラ、チンクエテッレ、ジェノバ方面へ行く時にいつも電車で通るだけなのですが、その採石場の白い山を初めて見たときは圧巻で声を失ったほどでした。ステキなところに住んでらっしゃるのですね。
marinaさんのお料理はそんなに美味しいのですねぇ。私も以前お誘いしたのですが(我が家でご飯作ってもらえたらと)念願叶わず(爆)
コロナータは土地より先にラルドで知った名前です。脂身の苦手な私が美味しいと感動し、見つければ買ってしまうほどです。本場で買うそれは更に美味しいのだろうなといつも思っています。いつかそちらにお邪魔してコロンナータの取材も出来ればと思っています。
今後ともよろしくお願いします。
あ、リンクいただいてもよろしいでしょうか?
Commented by galleriaarsapua at 2008-07-26 15:56
*tammyさん、おはようございます。ようこそこちらのブログまで遊びにきてくださりありがとうございます。
私はイタリアにきちんと住み始めて4年半ですが殆どカッラーラに居てあまりイタリアの事知りません。
tammyさん、お仕事で色んなところにいっているのですね。
また色々教えてください。
marinaさんの御料理美味しかったです。私はラッキーでした。
ラルド好きですか?今、大理石の容器があれば真似してどこでもつくっているようですがやはりコロナータでつくるラルドがいいようです。
標高とか天候とか左右するんでしょうね。
いつか是非!
リンク大歓迎です。私もリンクさせて頂きました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by がっちゃん at 2008-07-29 11:23 x
初めまして! marinaさんのブログから遊びに来ました。
同じ記事(と言うよりも、同じ時間を過ごした人たち)がそれぞれ
別々に感想を書くのを読むのはとっても楽しいですね。
視点が微妙に違っているので、読んでいるほうはより立体的に
その時間を共有できる気がします。
tammysさんと同じく、カッラーラは電車で通りかかるときに
白い山肌を見て、本当に白いなぁ~。雪みたい。
と思うことはあっても、実際に降り立ったことがないだけに
憧れの地です。
いつか行ってみたいです!!
Commented by galleriaarsapua at 2008-07-30 04:36
*がっちゃんさん、こんばんは。そしてはじめまして。
ようこそこちらのブログまで遊びにきてくださいました。
がっちゃん(と呼ばせてもらいますね)のブログまだ全部読ませてもらっていませんがすごいイタリア通でびっくりです。
私はイタリアに車であまりイタリアの事知らなかったくらい...
でも連れてこられたところがイタリアで良かった!って心から思います。嫌な事もあるけど魅力的な国ですよね。
今後ともよろしくお願いいたします。
by galleriaarsapua | 2008-07-19 20:02 | イタリアの生活 | Comments(14)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua