春近し

今日は春のような日差しで暖かった。昼からは家作りに参加。裏の階段の大理石のレヴィガーレの仕事が与えられる。春近し_d0136540_1243033.jpg
zoccolino(ゾッコリーノ)といって階段と壁を繋ぐ土台を大理石の板を張ります。担当のオリヴァーはやはりプロなのでまっすぐ一直線に象ってくれます。下から二段目のゾッコリーノがないのは私が別の場所に持っていってレヴィガーレしているからです。


春近し_d0136540_1303853.jpg
ジャーン!このように私もお仕事に参加です。
この家は本当に大理石をふんだんに使っています。大理石は白いのでやはりしみにならないようにメンテナンスしないと行けません。レヴィガーレの仕事が終わったら今度はしみ防止剤を吸い込ませる仕事が待ってます。自然の素材は美しくていいのですが美しさを保つ為には努力が必要です。私はいつも家と庭のメンテナンスばかりしているので自分のメンテナンスも時にはしないといけませんね。(笑)
Commented by Halu at 2008-02-23 01:03 x
今日も一日お疲れ様でしたァ。春のような日差しの中、レウ”ィガーレする写真の中の和子さん・・・とても幸せそう!!
お家も庭も、そして自分もいつまでも美しくですよね!
和子さんのブログ見て私も頑張らねば!と昼からお掃除頑張りました。
Commented by galleriaarsapua at 2008-02-23 02:17
Haluさんこんばんは。カッラーラ急に春のような陽気です。このまま春になるのかそれは甘いのか?て感じです。私もはるこさん達がいてくれたときのペース守るように生活しています。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-24 03:08
あっ、kazukoサン…。あらためましてはじめまして!
大理石って、染み防止剤が必要なんですね。初めて知りました。
それにしても、あちらこちらに大理石。本当に贅沢ですね~。
Commented by galleriaarsapua at 2008-02-27 01:29
cocoさん、こちらこそこんな格好で失礼します。大理石は直ぐに液体を吸い込みますので色物をこぼすと中にしみ込んだらもうとれません。だからしみ防止剤は必ず必要で、一年に一回くらいは同じメンテナンスをする必要があるようです。テラコッタやレンガも始めにメンテナンスをする必要があると思うけど少しぐらい汚れている方がアンティークっぽくていいという見方も出来ます。でも大理石は白だからやはり汚れが目立つ。贅沢ではないんです。ここでは大理石が一番経済的なの。
by galleriaarsapua | 2008-02-22 01:38 | 家作り | Comments(4)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua