東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ

東京で私のワインが飲めるイタリアレストランが増えました。
東京都文京区にある「クリマ・ディ・トスカーナ」です。
意味は「トスカーナの気候(風土)」という通り、佐藤シェフはフィレンツェで修行された、知る人ぞ知るイタリア料理のシェフなのです。

地下鉄丸ノ内線「本郷三丁目」を下車して徒歩5分の所にあります。
レストランの真ん前にクスノキの大木があります。

東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_02155546.jpeg

東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_02161283.jpeg

樹齢42年のクスノキ。文京区の保護樹木になっています。

レストランには個室もあり、そこからはクスノキがすぐそこにあります。

昼のランチを頂きました。
アンティパスト 
新玉ねぎ、リコッタ、モルタデッラのスープ、ローズマリーのグリッシーニ

東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_02162852.jpeg

小笠原の尾長鯛、千葉の菜の花、湘南ゴールド八重桜


東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_02181221.jpeg

二皿とも、新鮮な旬の材料にこだわり、春を満喫させてもらい、感動のアンティパストのでした。

そしてプリモ。
バヴェッテ 青森サクラマスの燻し、蕗の薹

東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_02182516.jpeg

日本の春の食材、蕗の薹の香りと苦み、そしてマスのピンク色が視覚と味覚を満足させてくれます。

そしてもう一つのプリモはー

カペレッティムジェッロ風オーストラリア仔羊のラグー熊本のタケノコ

東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_02185124.jpeg

これは、セコンド(メイン)に匹敵するほど、ラグーとタケノコが存在感を、発揮していて、カッペレッティの中のジャガイモが、付け合わせの様に感じたくらいでした。絶品。

そして、セコンド(メイン)
ハンガリーマグレカナール イタリア根セルフィーユ ピエモンテ カステルマーニョ
東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_02190910.jpeg

素材の味を活かした調理法ですが、火の入れ加減など、絶妙でした。
美味しく頂きました。

ドルチェ(デザート)2品

東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_02192251.jpeg

東京で私のワイン〜クリマ・ディ・トスカーナ_d0136540_03083154.jpeg
とっても美味しかったです。
このレストランで、佐藤シェフのお料理と私のワインが飲める事が、とても光栄に嬉しく思います。

こちらのレストランの坪井ソムリエとは5年来のおつきあいで、坪井ソムリエのアドバイスで、ワインの瓶の形を変えたのです。

そして文京区は、亡き夫の出身地であり、苗字が大木なので、レストランの前にある、大木には何か、ご縁を感じました。

ぜひとも、クスノキの大木に、佐藤シェフのお料理に、そして私のワインに会いに、
「クリマ・ディ・トスカーナ」に足を運んでくださればとおもいます。
*予約のときに、私のワインがあるかどうかも確かめてくださいね。






人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2022-05-02 03:46 | 私のワイン in Japan

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua