利休を訪ねて〜生誕500年

今年は千利休の生誕500年です。
私の中では、利休さんの生まれ変わりではないか?と思える「ちい茶な会」の師匠と、利休を訪ねて利休の生家、大阪府堺市へ参りました。

利休の生家の前に、「さかいの利晶の杜」という堺が生んだ偉人、千利休と与謝野晶子の資料館があります。(二人の生家はとても近くです)

利休が活躍した戦国時代。
豊臣秀吉の文化・社交担当のような役割をしていた利休。

利休を訪ねて〜生誕500年_d0136540_06110117.jpeg
その時代ペリー来航があり、フランチェスコ・ザビエルが堺にも訪れていました。

利休を訪ねて〜生誕500年_d0136540_06115845.jpeg

戦国時代の将軍のそれぞれの歴史を音声で聞かせてもらいました。
安土桃山時代から江戸時代ー凄い時代には凄い人物が居たのですね。

利休を訪ねて〜生誕500年_d0136540_06130665.jpeg

侘び寂びの世界を茶室に表現した利休。
三畳の茶室も展示されていました。

予約すれば、二畳の茶室も体験できます。

利休作で唯一現存する京都府大山崎町の妙喜庵(みょうきあん)の国宝「待庵」を、研究成果に基づき、職人たちが創建当初の姿で復元したものです(監修=中村利則氏)。申し込みをすれば茶室内に入り、説明を聞きながら、その佇まいを肌で感じとることができます。〜ホームページより


堺は地元のようなものなのですが、お茶の世界を知り、利休を通して、戦国時代をとても身近に感じられました。

「さかいの利晶の杜」の一階は千利休の会館で、二階は与謝野晶子の資料館です。

与謝野晶子の資料館もとても興味深かったです。


利休を訪ねて〜堺編つづく



人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2022-04-13 06:34 | giappone(日本)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る