タローのけが

タローが昨日の夕方、ソファーから降りて歩こうとするが、びっこを引いて歩いている。
びっくりして近づくと、前足の右足を地面に着けずに、曲がっている。
そういえば昼過ぎに帰ってきて、ご飯も食べずにソファーの上で寝続けていた。
骨が折れたのかとびっくりして、獣医さんに電話する。
もう診療時間は終わったので、翌日の朝に来てくださいといわれたが、足のことが心配だと伝えると、「たとえ、足が折れていたとしても、猫は自分で治す力もある」と言うことで、一晩待つ。
よく朝、タローはやはりびっこで食よくもない。
ケージを出してくると自分から入る。
病院に連れて行って、検査してもらうと、骨折はしていないので、捻挫をしているのではないか?とーー
タローはわんぱくで、好奇心おう盛なので、森に出かけ、見つけた昆虫や植物に顔を近づけて、時には毒性のものから毒をもらい、アラフィラキー症候になりそうになったりーー
今回は雨の日に飛び出して、木登りでもして、着地のときに滑ったのかもしれない。
そんなことを思っていたら、X線の結果、「骨折はしていない。強い捻挫ではないか?」とのこと。
痛み止めを打ってもらって帰ってきました。
初めは大人しかったですが、外に出て、ノラにもあったりー
そしてもう夜ですが、まだ帰ってこないタロー。
まだまだ獣医さんにお世話になりそうです。苦笑


人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2021-05-09 05:26 | 猫、動物

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る