リリーの家出

実は、2日前、リリーが家出をしました。
お昼ごはんを食べたあと、リリーの姿が見えませんでした。
リリーは、どの猫よりも活動的なので、姿が見えなくても気にしませんでした。
でも夕飯の時間になっても帰ってきませんでした。
反対に、夕飯の時間に、必ず顔を見せるノラ。
ノラにご飯をあげに行くと、タローもついてきて、ノラと仲良く、チュッチュしたりしてーーー
リリーがごはんの時間を過ぎても現れないのは、ちょっとおかしいと思い、「リリ−、リリー」と呼んでみる。
いっこうに現れず、いつもなら私の敷地内のどこかに、いるのですが、どこを探してもいない。
これは大変だと、車を出して、探してみるけれど、どこにもいない。
私が真剣にリリーを探しているので、ノラも心配げでついてくるのですが、リリーがいなくなった原因は、ノラだとすぐに分かった。
だからノラには、申し訳ないのだが、家に帰ってもらって、リリーを探すが、いっこうに現れず。。。

リリーはよく出かけて、夜の11時頃、帰ってきた前科もあるので、今回もそうだと思おうと、、、
タローもリリーがいなくなり、心配していました。

夜の11時になっても帰ってこず、電気をつけて、ドアを開けて、ベッドに入っていましたが、寝ることも出来ず、ウトウトしていたら、リリーが帰ってきました。
その時間は何と朝の4時。
タローも心配で殆ど寝ていませんでした。

リリーは連日タローがノラにかかりっきりになり、朝帰りになっていたことが、気に入らなかったようです。

でも私もタローも、大切なリリーがノラを受け入れないのなら、リリーを尊重するしかありません。

翌日、毎朝、顔を見せるノラは、現れませんでした。
朝だけでなく、丸一日現れることはありませんでした。

ノラは、リリーがノラを嫌って、家出したことを知っているのです。
そして私がノラを追い払ったことも分かっていて、身を隠したのです。

どこかの国のお姫様の婚約者に、ノラの爪の垢を煎じて飲ませたいと思いました。

そして、猫なのに、自分の立場や、状況を分かっているノラのことを、以前よりも愛おしく感じました。

今日、朝、夕とご飯をいつもの所においていましたら、夕方ノラが現れました。
私はノラをなでながら、「ノラ、ご飯を食べにきていいんだよ、顔を出していいんだよ」って言いました。

そしたら、リリーが現れて、そしてタローもリンダも現れて、ノラをみていました。
ノラは、仲間になりたいので、みんなの前で、走り出しました。
リリーとはかけっこをして、そしてタローの前では、何だか泣いているようでした。

優しいタローの気持ちがわかっているようです。

私は猫だけをおいて、リンダと家には入りました。
リリーが帰ってきて、そして、タローも直に帰ってきました。

ノラはいい子です。
タローは家に帰ってきましたら、窓際に座って、ずーっと窓の外を見ています。
ノラのことを、考えているのかもしれません。


人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2021-04-18 03:56 | 猫、動物

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る