同じ毎日の労働の同じ楽しみ

パスクエッタが終わり、労働の時間が戻ってきました。
イタリアは封鎖期間で、殆どの業種の仕事はロックダウン中ですが、農業は続けて労働していいのです。
こんなことを言うのは、はばかれますが、私の暮らしは去年も一昨年も、そしてコロナで世界が変わりつつある中の、今年も変わっていません。
毎年この時期は、葡萄畑の始まりの時で、葡萄畑に張り付き始めている時期です。

同じ毎日の労働の同じ楽しみ_d0136540_03295859.jpg

葡萄の肥料やりを兼ねて、土を掘り返して、そこから出た大小の石を取り出して、水芭蕉の根っこをとって。。。

同じ毎日の労働の同じ楽しみ_d0136540_03311690.jpg

そんなことをしている間に桜の花が咲き始めて、葡萄の芽も生え始めます。
小さいうちに小さな葉剪定をすることが大切で、今日は白葡萄を始めました。

同じ毎日の労働の同じ楽しみ_d0136540_03330204.jpg
こんなことをしだして、かれこれ,10年になります。

理論というよりも、肌で覚えた感じがしています。
勿論、理論的なことも教えてもらいましたが、葡萄の木、それぞれのポテンシャルが違うので、全てが同じとは限らないのです。

今の私の手はぼろぼろです。
かさかさで所々あかぎれもあります。
うちの葡萄畑はビオ(有機農法)で除草剤を始め、農薬を使っていませんが、私はアレルギー体質なのか、土を触ると手がかさかさになります。
まあ、クリームを付けないという、横着な性格もあるのですが、、、(汗)

でもここまで痛くなると、クリームもオイルもつけてケアします。
そうすると手も復活してくれます。
何でも手をかけることですね。(笑)

毎日の労働の後の喜びは食べること。

同じ毎日の労働の同じ楽しみ_d0136540_03353261.jpg
今日は近所の最後のニラを摘んできて、レバニラ炒めとカボチャの煮物を作りました。
赤ワインとレバニラ炒めが合ました。

色んなことを考える程、頭が良くないので、今のこの暮らしを感謝して、一日一日を大切に過ごしたいです。



人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2020-04-15 03:41 | 葡萄畑・ワイン作り

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る