今日という一日

今日は朝からカッラーラの街へ買い物と支払いへ。
スーパーにいって、外で並ばされたりして、ちょっと凹んだりする出来事もあるのに、それでも買い物にいけたりすることは何だか気持ちがルンルンルンって高揚するのです。

郵便局に用事があって1m間隔で並んでいましたら,既に並んでいる人たちが、なんでこんなにも外で並ばないといけないの?と怒りをあらわに。
聞けば、その怒っている人はジャーナリストで並んでいる間にマッサ(隣町)の郵便局の窓口は3つ開いていることを確認して、カッラーラは1つしか空いていないという。
だから外でみんなこんなにも道路にはみ出て待たないと行けない。
カッラーラの郵便局の窓口ももっとあけて円滑に、作業する必要がある!!と。

待っている間に警察に電話して、現状を説明。

そうしたら、5分も経たない間に警察が到着。
警察官が中に入って、出てきた時は3つの窓口が開いている。とーーー

でも実際私が入った時は渋々開けた2つ目の窓口で対応してくれていました。
だから警察官が来るまでは1つだったんだろうな、、、って。、、、

何をいいたいのか?というと、皆、精神的に参っているということ。
もう郵便局の外でそれも道路にすぐにはみ出てしまう、空間で1mの間隔を空けて並ぶという、非日常の習慣に、辟易しているということなのだ、と、、、。

でも用事を済まして家に帰ってきた私には、下の空間が待っている。




今日という一日_d0136540_05155311.jpg

本当に有り難いことですよね、
今日という一日_d0136540_05160858.jpg
今日も引き続き葡萄畑のステンレス製の紐の弛みを、引っ張る作業をAさんと、する。
約2週間かけて行ったこの作業を無事に本日終了致しました。

何だか気持ちも凄くさっぱり。
そして葡萄達も凄く喜んでいることに気付きました。

うれしくて敷地内、隅々まで検索。
今日という一日_d0136540_05162837.jpg

大きな空の容器に雨水が貯まっていて、そこにアンティチョークの葉が浸っている。
その草を命綱にミツバチ達が、水を求めにやってくる図をみせて頂きました。

その姿に、なぜだかほっこり。

そして本日の労働の後の楽しみはーーー

今日という一日_d0136540_05164709.jpg
Aさんが作ってくれた豚肉の生姜焼きと、フェンネルとパルメザンチーズのオーブン焼き(私作)でした。
美味なりーー



人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2020-03-20 05:34 | イタリアの生活

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る