曇りのち晴れ

今日は朝からカッラーラへいったり、台所の大掃除をパトリッツィアと一緒にしたり、そして昼からは葡萄畑でPotatura Verde葉剪定をしました。
私はワインとはあくまでも良き葡萄から、良きワインが誕生すると思っています。
その良き葡萄はやはり、良き葡萄畑,殺虫剤や除草剤などの強い薬をつかわずに、出来るだけ自然に作られた葡萄。
言うのは簡単なのですが、ビオワインを徹底するのは、葡萄畑のまわりの環境など諸々の条件も必要です。
お陰さまで私の葡萄畑は、標高350mで、まわりに葡萄畑が無いという、好条件もあり、ビオワインを作る事が出来ています。
でも条件だけでなく、私達も葡萄の成長期に関しては、手を抜く事無く、見守り、そして、一番いい時期に、葉剪定をし、トリートメントをしています。
今までずっと雨続きでしたから、昨日と今日、頑張って葉剪定をしました。
新しい葡萄畑にしたときに植えた葡萄達。
今年で9年目です。
すごく安定してきているのが、わかりました。
そしてきっと私自身も葡萄と向き合ってきて、葡萄の事が年を重ねるに毎に新しい発見があり、わかってきています。
「私達は葡萄が一番ストレスなく、自然に近い状態で成長する為に、葡萄を見守り、自分たちの技術を捧げているんだ」という事に気付きました。
そんな事を考えながら、黙々と作業していましたら、雲が晴れていいお天気に。
明日からはいいお天気になるそうですが、土曜日には崩れるとか。
皆、手放しには、いいお天気を喜べないみたいです。

曇りのち晴れ_d0136540_06572024.jpg
夕方7時前にお天気になる



人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2019-05-23 06:57 | 葡萄畑・ワイン作り

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る