能楽堂や歌舞伎座や

昨日、東京より大阪に戻りました。
東京では、最初、風邪気味だったため、思う様に動けませんでしたが、だんだん元気になってきて、今は風邪も治りました。
おいしいイタリアンたくさん食べました。
そして、日本の古典文化も、堪能しました。

ある日、宝生能楽堂を訪ねました。
家元さまに能楽堂を案内して頂きました。

能楽堂や歌舞伎座や_d0136540_22033977.jpg
能楽堂や歌舞伎座や_d0136540_22040243.jpg
能楽堂や歌舞伎座や_d0136540_22041966.jpg
能楽堂や歌舞伎座や_d0136540_22130880.jpg
フィレンツェのメディチ家礼拝堂リッカルディー宮殿で、講演された時に、舞台を拝見させて頂いたのですが、
無駄なものをそぎ落とされた美というのか、、、とても引き込まれました。
30年近く前に日本で能舞台を見た事がありますが、その時とは比べ物にならないくらい、引き込まれました。
日本の古典文化は年を重ねてわかるものかもしれません。
宝生流の家元はとてもお若いのですが、本当に素晴らしい霊格の持ち主で、心からファンになりました。
素晴らしい出会いに感謝です。

そしてまた別の日に歌舞伎座に行きました。
新春大歌舞伎の公演を観に行きました。

能楽堂や歌舞伎座や_d0136540_22151260.jpg
能楽堂や歌舞伎座や_d0136540_22162403.jpg
4部構成になっていて、贅沢な時間でした。
イヤホンをかりて、堪能しました。

やはり、舞台は役者のオーラを、感じてエネルギーを頂けますね。
歌舞伎も20年前に見た時よりも、より深く観る事が出来ました。

東京では日本の古典文化と、イタリアンが交互に重なっていました。

人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2019-01-15 22:22 | giappone(日本)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る