カンティーナでの仕事

ヴェンデミア(葡萄の収穫)を終え、搾汁した葡萄は、葡萄ジュースになって一次醗酵を終え、二次醗酵へと向かっています。
毎日、何かとカンティーナでワインになる為の葡萄達への、仕事があります。
お料理もそうなのですが、素材が何よりも大切ですが、それを食卓に出す為にはお料理をする必要があります。
カンティーナの仕事はそう考えるとお料理しているような感じですが、いい材料だったら、出来るだけ、素材の良さを引き出す料理方法になるのと同じ様に、いい葡萄の場合、葡萄がいい仕事をしてくれるのですが、温度管理や、澱を取り除いたり、かき混ぜたり、空気を送ったり、そういう仕事は手を抜かずに、きちんとする事で、美味しいワインになるのです。
それが技術というのでしょうね。そういう意味では、最新技術を導入していると思います。
でもくどいようですが、それもいい葡萄があっての事。
ワイン作りが出来る環境、カンティーナは勿論、葡萄畑の土壌に感謝です。

カンティーナでの仕事_d0136540_04115706.jpg

リモンタージュという作業中



人気ブログランキング参加しています。クリックして応援してくださると嬉しいです。
by galleriaarsapua | 2018-10-12 04:14 | 葡萄畑・ワイン作り

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る