獣の正体

今日も朝6時から葡萄畑に水やり。
今日のメルロー全てに水やりを終えて、二回目の全ての葡萄への水やりが終了しました。
丁度一週間前、暑くて朝早く(というか夜中の3時)に起きてテラスのサンデッキで寝ながら星を見ていたら、敷地内に獣が入ってきた音がした。とブログにも書きました。
翌日、イノシシの可能性があると思い、囲いのフェンスを隈無くチェックしても被害がなかった。
なんだったんだろう??って気になりながらもそれ以降、獣にも遭遇しなかったので忘れかけていたら、今日出会いました。
今日は葡萄の高さに目がいく様に、屈みながら葡萄の近くの、枯れかけている葉っぱをとりながら、水やりをしていました。
そうすると向こうの列から、動物が走ってきたので、猫のジジかと思ってみたら、なんと子狐でした。
時々夜遅く、出かけて帰ってくるとき、家の近くの道で子狐と遭遇する事があります。
その子狐が我家の敷地に侵入してきて、葡萄畑を嬉しそうに走り回っていました。
今から考えたら、かわいい光景だったのですが、反射的に「コラーッ」っていって、手を叩くと子狐は驚いてすごいスピードで逃げていきました。
網で囲っていますが、猫の大きさくらいの子狐はその網も、通り抜ける事が出来るようです。
子狐だったら葡萄も食べないはずだから、そう神経質になる事はないなと、思っています。
見つけても「コラーッ」って言うだけで逃げていくし。(ちょっとかわいそう?)

葡萄達は本当にすくすく育ち、例年の2週間は早いスピードで育っていますね。
今年のヴェンデミア(葡萄狩り)は、9月には全ての葡萄が終わっていそうです。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。クリックして応援して下さるととても嬉しいです!人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2017-08-10 05:17 | 葡萄畑・ワイン作り

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua