コンスエロの赤ちゃんとー

朝、イタリア人のお友達のコンスエロからメールが来る。
「カッラーラに用事で行くけれどお茶でも出来ない?」という内容。
彼女は私がイタリアに来てすぐに知り合いイタリア語を教えてくれたり、イタリアの愚痴も話せる貴重なイタリア人のお友達なのです。
日本が好きで東洋が好きでイタリアに留学に来た韓国人と結婚して男の子を授かり幸せに暮らしていました。
昨年の秋に二人目の男の子を出産したのですがこの二人目の子が健康にちょっと問題があり2ヶ月近く退院できずに居ました。
でも今は家に戻ってみんなと一緒に暮らしています。

カッラーラのバールで待っていた所にコンスエロが息子ジューリオと現れました。

コンスエロの赤ちゃんとー_d0136540_04055941.jpg
なんだか一体に成っていてとってもかわいかったです。

久しぶりに彼女にあって話しました。
何だろう??
一回りの年の差がある私と彼女、でも気持ちは彼女のお姉さんの様です。
ジューリオの出産、ジューリオの病気についてそしてその事を真っ正面から受け止めて立ち向かっているコンスエロの家族達ー
話を聞いているだけで涙がなぜだかわからないけれど流れてきました。

前向きな彼女,そしてきっと彼女たちなら乗り越えられると思えました。
(そんな大げさなことではないのですけれどね)

でも人生ってちょっと大変な事がある方がその人のよさを引き出すというかー
美しくするというかー
なんだかそんな気がしています。



コンスエロの赤ちゃんとー_d0136540_04104910.jpg
私とジューリオ。
ジューリオ、とってもかわいいです。
無垢なエネルギーをいっぱいもらいました。

もっとあたたかくなったら我家に必ず来てね☆
ってコンスエロと約束して別れました。

コンスエロは私にとってイタリアの妹みたいな存在です。
その妹の子供はやっぱり特別ですよね。

彼らの健康と幸せを願って止みません。




人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。クリックして応援して下さるととても嬉しいです!人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2017-04-06 04:17 | 愛を込めて

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る