お節づくり〜佳いお年を

今日は大晦日ですね。
大阪にいる時は恒例に成っている「おせち料理づくり」工房へ参加させていただきました。
30日、31日でお友達のスパー主婦Yさんが約40家族のためのお節を毎年作るのです。

お節づくり〜佳いお年を_d0136540_19064494.jpg
お節づくり〜佳いお年を_d0136540_19070111.jpg
お節づくり〜佳いお年を_d0136540_19071548.jpg

お節づくり〜佳いお年を_d0136540_19080431.jpg
お節づくり〜佳いお年を_d0136540_19074583.jpg
とても繊細な味付けのおせち料理はまさにおふくろの味。
私も何度もお手伝いに来させていただいているおかげで手際も少しは佳くなったかな?

本当に有り難い環境です。


2016年もあと数時間で終わりです。

先ほどお風呂に入りながらしんみりと振り返ってみました。
本当にあっという間の一年でしたが自分自身の中で自分のあり方とか目指すべき道などが見えた一年だったような気がします。
「来年がとっても大切」な気がしています。
そんな事を実の姉に話しましたら「毎年同じ事を言っている」といわれました。(汗)
まあ毎年「来年が大切」言ってられる年の瀬でありたいです。

世の中はテロが続いていたり戦場となっている地域もあります。
経済も世界中がいつどうなってもおかしくない状況のようです。
まだ日本はいい方かもしれません。

でも幸せ度はどうなんだろう?

来年は自分と自分の周りのしあわせ、
「下座に降りて一隅を照らすもの、これは地上の宝なり」という言葉がすきなのでその言葉の様に自分の幸せ、身近な方達の幸せを大切にしたいですね。

今年も拙いブログの「カッラーラ日記」に訪れてくださってありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ佳いお年をお迎えください。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。クリックして応援して下さるととても嬉しいです!人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2016-12-31 19:20 | giappone(日本)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る