カンティーナの仕事〜ワインが出来るまで

一昨日(イタリア時間)の土曜日ヴェンデミア(葡萄狩り)をして昨日の日曜日に葡萄を絞りそして今日、白葡萄の皮を取り出してトルキオという機械で絞りました。

ダニエレとオリヴィエロがその作業をしてくれました。
途中、エノロゴのダビデも来て赤葡萄のサンジョベーゼとカベルネ、ソヴィニョンの実をそれぞれ100粒ほどアットランダムに積んでもって帰って検査をしてそれらの葡萄狩りの日を決めます。

葡萄畑で育った葡萄達は絞られて今葡萄ジュースにないましたがまだワインには成っていません。
ワインに成るまで空気を送ったり温度を下げたりして温度管理をしたりまだ気が抜けません。
これも毎年の事で大変なんだけれどMの私はなんだか嬉しかったりもしてー

カンティーナの仕事〜ワインが出来るまで_d0136540_06082888.jpg
トルキオという機械で白葡萄を絞っているオリヴィエロ


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。クリックして応援して下さるととても嬉しいです!人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2016-09-20 06:09 | 葡萄畑・ワイン作り

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua