8月15日

8月15日は日本ではお盆そしてイタリアではFerragosto(フェッラアゴスト)とよばれる祭日と成っています。
日本のお盆は古来の仏教のしきたりの様で8世紀ごろから先祖供養を行う風習がありその象徴の日されているようです。
イタリアでは現代ではいろいろありますが古代ローマ時代は農作業の収穫と仕事のメインの終わりを祝うお祭りだったようです。
なるほど、それは納得できる。
だってこの時期は今まで育ててきた夏野菜が収穫できる時期で葡萄達の世話も終盤に入っているのです。
そして暑い夏の疲れが出ている頃だからみんなでごちそうを食べましょう。という感じだったのでしょうか?

日本のお盆の意味を日本で大変有名なご住職様にお話を聞く機会がありました。
「お盆というのはご先祖様の中で浮かばれていない霊、(天国へお帰りになっていない霊)がいた場合、その方達は逆さ吊りに成っているそうなのです。
その逆さ吊りに成っている御霊に対してどうぞあの世(天国)へお帰りになってくださいとお祈りする日がお盆なのだ」とのお話を伺いました。
何れにしてもあの世に召されたご縁のあった方々を偲ぶ日という事で素晴らしい意味のある一日だと思います。

私は今日、春からずーっと、我家に来たいとラブコールを送ってくださっていたノルウェ—人のご婦人からの依頼で彼女のお友達夫婦の誕生日を兼ねた昼食会を開きました。
8月15日というのは私達のようなホテル業にとっては1年で一番忙しい日です。
そんな中、宿泊客以外の食事の準備。
いつもの様に自分の要領の悪さであたふたしました。
今日はイタリアンを準備しました。

アンティパスト、 人参のマリネ、たたきキュウリのマリネ、ポテトとタコのサラダ
プリモ、手長海老のスパゲティ
セコンド、夏野菜の天ぷらとエイのムニエル
ドルチェ、バースデーケーキ

最後のバースデーケーキは私も一緒に頂く。
そのときにお友達夫婦のご主人様はノルウェーでシェフをしていたそうでその仕事で日本にも何度もいったそう。
ひぇ〜〜、「私の料理はいかがでしたか?」と聞きましたら「Very Nice!!」といってニコニコ。
嬉しかったです。
そしてお支払のとき20ユーロチップをくださいました。

凄く嬉しかったです。
もっとお料理の腕も要領も上げてこの場所をもっと活用できたらいいんだろうな。って思えました。

こういう経験はやはり成長させてくれているんでしょうね。。。

なんて考えた今年のフェッラアゴストでした。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。リンダとジジの写真をクリックして応援して下さるととても嬉しいです!人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2016-08-16 03:59 | 愛を込めて

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る