江戸料理・なべ家で忘年会

今日はちいちゃな会のメンバーとの忘年会でした。
場所はJR大塚駅すぐの江戸料理・なべ家さんです。
こちらはちい茶な会の代表福田敏子先生のご主人様が経営する代々続く江戸料理屋さんです。
江戸料理・なべ家で忘年会_d0136540_23013005.jpg
蓬莱鍋
江戸料理・なべ家で忘年会_d0136540_22391924.jpg
江戸料理・なべ家で忘年会_d0136540_22430199.jpg
江戸料理・なべ家で忘年会_d0136540_22432366.jpg
江戸料理・なべ家で忘年会_d0136540_23035284.jpg
江戸料理・なべ家で忘年会_d0136540_22434079.jpg
皆、最後は一人ずつ今年の思い出話そして来年の抱負を語りました。
そしてなべ家さんからも重大な発表がありました。

閉店の辞
日頃格別のお引き立ていただき誠にありがとうございます。
さて突然ではございますが諸般の事情により来年六月を以て一旦休業いたす事となりました。
理由は築地市場の移転です。
豊洲新市場には行かぬという仲卸業者も多く懇意にしている店の殆どが出店せず、
したがって、江戸前の魚の入手が困難になるのが目に見えていて止む得ぬ仕儀とは相成りました。

江戸滅ぶ俎板にあり初鰹

上の句は昭和十年に俳人高浜虚子が詠んだ物で明治大正以来うすれゆく江戸の面影は昭和に入ってやがて消えいく定めでした。
江戸三百年の台所・日本橋魚河岸が現在の築地に移ったのが昭和十年のこと。
時の流れを感ぜずにはおられません。
長年のごひいきに深く感謝申し上げ弊店のわがままを平にお許しください。

なべ家主人


江戸料理として伝統を守ってこられたなべ家さんが来年の6月で閉店されるそうです。
冬は蓬莱鍋、春はねぎま、そして夏は鮎。
いろんな意味で時代が変わるんだなという事をなべ家の閉店を聞き感じました。

なべ家
東京都豊島区南大塚1−51−14
電話 03−3941−2868
営業時間
午後5時〜午後9時半(要予約)


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。クリックして応援して下さるととても嬉しいです!人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2015-12-23 23:34 | giappone(日本)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua