春のカッラーラより

関空から成田へはジェットスターという飛行機で移動。
出発時間10時25分でしたが約1時間遅れて出発。
飛行機に問題があって検査していたそうです。
でも私、成田で乗り換え時間2時間しかないので内心ハラハラ。
飛行機の乗り継ぎ時間はゆとりを持ってーこれ今回の教訓です。
成田空港で走りましたが無事にアリタリアのチェックインを済まし機上の人になれました。

今回の日本での滞在期間は10日間、最初の1週間は時差ぼけでした。
が日本の時間になれてきてやっと眠れるようになったらイタリアへ。
でも飛行機の中では日本時間が効いていて眠れたので12時間のフライトは短く感じました。

ピサ空港にはいつも通りオリヴィエロさんが迎えにきてくれていてありがたいことです。

仕事ばっかりの今回の日本。
我が家についたら心からほっとしました。
シャワーを浴びて猫と一緒に眠りました。

翌日の今日もとってもいいお天気でここは春です。



春のカッラーラより_d0136540_3174872.jpg


10日、留守にしていただけでも光の加減も違います。



春のカッラーラより_d0136540_3185716.jpg


森のなかで野生の桜が咲いていました。



春のカッラーラより_d0136540_3191668.jpg


出発直前にふいた強風で屋根瓦が何枚か吹き飛びました。
その工事の準備も始まっていました。



春のカッラーラより_d0136540_3215262.jpg


そして私の愛しいリンダ。
日本で赤ちゃんとお母さんを見たときいつも思い出していたのはリンダ。
私にとってリンダは子供のような存在です。

ジジと二人で元気で待ってくれていました。


家が葡萄畑が山がそして猫達が私を待ってくれているここが私の居場所なんだとしみじみと感じ日本での疲れがスーッと抜けて行くのがわかりました。





人気ブログランキングに参加しています。
更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。
クリックして応援して下さるととても嬉しいです!




人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2015-03-20 03:39 | 愛を込めて

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る