海辺でアペリチェナ

今日はソムリエの友達のマルティーナのご主人が経営する海の家でアペリチェナに誘われていました。
アペリチェナとはアペリチーボの延長で夕食もするって感じのものです。
19時半過ぎに来てね。って誘われていたのですがお客様がちょうどその時間帯に来て夕食も頼まれていたのでアペリチェナの方へは行かないかも。ってマルティーナに朝電話をしたら
みんなそんなにきっちりこないから遅れてでもいいからおいでよ!って明るく誘ってくれる。
お客様がいらしたらすぐに夕食をお出しして出かけられるようにテキパキ行動。
でも7時頃にお客様から電話があり道路が混んでいてつくのが9時前だという。
もう行けないかなーって思っていたらお客様がついた頃、マルティーナから電話があり今来た人もいるからおいで!!みんなで待っているよ。っていってくれたから急いで車を飛ばして行く。
私が車でみんなでアペリティーボをしていて私がついたからチェナ(夕食)を始めるという事に。
急いで行ったのでカメラを持ち忘れていましたが海が側にあるというのは山が側にあるのとまた違うんだけれどなんだか似ている感じもした。
イタリア人おしゃべりが好きだから「帰ろう」って決めてから20分くらいかかる。
私はいつもそれにつきあいきれずに一番に帰ってしまっています。
でもこうして仲間と一緒の時間を持つという事はとっても大切で貴重な時間だと思いました。
おいしいお料理とワインをごちそうになり本当に友情に感謝。
明日我が家の畑の野菜をマルティーナに持って行こうと思います。



人気ブログランキングに参加しています。
更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。
クリックして応援して下さるととても嬉しいです!

人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2014-07-02 08:48 | イタリアの生活 | Comments(0)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua