ありがとう、そしてさよならwさん

今朝、B&Bのお客様の朝食を準備している間携帯電話に電話が鳴った。
一回目は手が離せなくて電話をとる事が出来なかったが5分もしないうちに二回目がなった。
それは日本の京都からでした。
私はちょっと不安に思いながら受話器を取る。
私の不安は的中し、病床にいたwさんが4/10、11時に旅立ったという報せを娘さんのhさんが電話を下さいました。
w&hさん母娘はとても仲良しで京都で手作りのお仕事をしていて私の家のB&Bオープン前にもいらして下さって私が気付いていない足りない物等一緒に作って下さったりして本当に助けて下さいました。
その時だけでなくいつも日本に帰る度に京都でおもてなしくださり必要な布製品をいとも簡単に作って下さったりして。。。本当に恩人なのです。
そのwさんが病にあると聞いたのは去年日本に里帰りした時。
言葉では言い表されないくらいwさんには沢山の事を教えていただきました。
wさんのお家は先祖代々京都。
その昔の明治時代はひいお祖父さんは坂本龍馬のお友達だったそうで。。。
武家の精神を受け継いでいるwさんは楽しいお話をしていても崩れる事無く大阪と京都の人ってこういう風に違うんだな。。。って大阪人の私は勉強になった物です。
一見、クールに見える京都人のwさんですが温かい心でいつも色んな事を教えてくれました。
最後にお会いした時京都にある旅館、「俵屋」のお話をして下さり隙のない京都人のお話をしながらも隙のない仕事をしなさい。と私にお話しして下さったのだと思います。

教えていただいた事、与えていただいた愛情、忘れずに娘さんのhさんとともにwさんの事を分かち合いたいと思います。

そして自分を振り返ってみて人生80年として私はもう半分を過ぎている。
前半の半分は両親を初めとして与えてもらってばかり。。。
でもこの後半は自分が与える番なのだと思う。
仕事を通してや環境を通して。。。

wさんの冥福を祈りながらそして娘さんのhさんの偉大なお母さんを失った大きな哀しみが少しでも早くいえますように。そして私も微力ながらもお手伝い出来ますようにと願いを込めて今日一日を過ごしました。

wさん、本当に色々ありがとうございました。
どうぞ安らかにお眠りください。。。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。
クリックして応援して下さるととても嬉しいです!


人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
by galleriaarsapua | 2012-04-11 04:42 | 愛を込めて

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る