sayonara2011

もうあと3時間くらいで今年も終わりです。
今年は日本で大阪の実家で年を越します。

ふとこの年を振り返って見ますと東日本大震災。
今も紅白歌合戦で「アイ ラブ ユー、フクシマ」が歌われていました。
木馬のマスターも行っていたように福島のご老人達は「天国なんて要らない、ふるさとを返してくれ!」天国に行かなくてもいいからふるさとを何とかして欲しい。。。
美しい日本人の心に胸が熱くなります。

そして私事ですがこの夏は夫をなくして10年が経ちました。
それを記念して夫の彫刻展覧会をカッラーラのわが家、「Galleria Ars Apua」で行いました。
2回の大きなパーティを催し、たくさんの方にいらしていただきました。
そして何よりも夫と交友があったが私が知らなかった評論家の方やコレクターのかたたちとこの展覧会をきっかけでつながることが出来たことが嬉しかったです。

夫の本家は福島でお酒を造っています。
今回偶然こちらのyou tubeで本家が出ていました。
夫の父親は跡取りではないので東京で教育を受けてそのまま東京で結婚したので夫は東京で生まれ育ったのですが父親の実家には小さい頃から何度も行っていていい思い出があるようでした。
今回の福島の災害を夫はどんな気持ちで見ているのだろう?
って何度も考えたことがあります。
「乗り越えられないことは絶対に起きない」と持ち前のバイタリティーで底力を出してくれたと思う。

「底力」。。。
今年も私なりに頑張りましたが自分の至らないところや欠点、自分が一番わかっています。
来年も自分なりの底力を出して底力を出している人々と気持ちを一緒にして頑張って生きたいと思います。

日本だけでなく世界は厳しい時代ですがどうぞ皆さん底力を出して来年も明るく前向きにがんばって生きましょう。
よいお年をお迎えください。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
更新を待って下さっていた方、いつもありがとうございます。
クリックして応援して下さるととても嬉しいです!


人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします
Commented by nobukoueda at 2011-12-31 23:09
久しぶりです。今大阪なんですね。もうきてずいぶんたったから,戻る日も近いかもしれませんね。いつもながらいろいろなところと色々な人にあってあえないかしらね。もし,お時間あったらぜひともあおいしたいです。来年はまたヨーロッパいけるから、ね。
Commented by anrianan at 2012-01-01 12:30
カズコさん、あけましておめでとうございます。
いつも精力的に活動しているレポートを心強く拝見しています。
日本とイタリアを行き来する生活、羨ましいです。
今年もお互いに健康第一で楽しい一年にしましょう!
どうぞ今年もよろしくお願いします。
Commented by galleriaarsapua at 2012-01-01 17:28
*nobukouedaさん、こんにちは。(喪中でしたよね?新年の挨拶控えます)
こちらこそご無沙汰しております。
大阪にいるのですよ~。でもいつも日本に帰ってくるとばたばたしております。
また是非カッラーラでゆっくり再会しましょう!
今年はノブコさんとご家族の方々にいいこといっぱいありますように。。。
Commented by galleriaarsapua at 2012-01-01 17:30
*anriさん、あけましておめでとうございます。
日本は今年は1ヶ月ほど滞在しますがもうこんなに長く帰ってくることは難しいかも。。。
そろそろイタリアが気になっているのです。
ねこのこととか。。。
そうですよね、健康第一です。小さなことでも楽しみに変えて一年を過ごしましょう。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2012-01-04 00:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by galleriaarsapua at 2012-01-05 01:18
*鍵米、at 2012-01-04 00:36 さま、あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
前回いただいたコメント、東京に行ったりしていたときに呼んで大阪に帰ってきて返事をしそびれていました。
大変失礼なことをして申し訳ありません。
コメント嬉しく拝見しました。
おっしゃるようにいろいろ問題は山積みです。
ただ今回中にいると冷静に考えるよりも希望をもっていいことを信じたくなってしまいます。
でもやはり冷静さは必要ですね。
政府の対応に本当に腹が立ちます。
政治家にはうんざりです。
これからもどうぞ気楽にコメントしてくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
by galleriaarsapua | 2011-12-31 21:16 | giappone(日本) | Comments(6)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua