葡萄畑の杭打ち


葡萄畑の杭打ち_d0136540_4184022.jpg去年、新しい苗を植えた葡萄畑です。何かが加わったのがわかりますか?
葡萄畑の杭打ち_d0136540_419444.jpgそれは杭です。葡萄畑に杭を打って紐を張り葡萄の枝を管理する必要があるのです。今年はまだ小さいので紐を張って枝を誘引する必要はありませんが来年に向けて終わらせなければなりません。
葡萄畑の杭打ち_d0136540_4192720.jpg山側の葡萄畑の杭打ちは全て終わりました。これはエッツィオとロレンツォという男の子が頑張ってくれました。
葡萄畑の杭打ち_d0136540_4194981.jpgそして今、彼らは海側の葡萄畑の杭打ちしています。手で穴を掘って大きな石があれば取り除いてそして杭をきちんとそろえて打ちます。この作業に関してはオリヴィエロの異常なまでのチェックが入ります。(笑)


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
皆さんのクリックのおかげで現在25位です。
とっても励まされています。



人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします。
Commented by どんすけ at 2011-07-21 08:32 x
kazukoさん、こんにちは。
ブドウ畑も着々と進化し続けていますね~。
オリヴィエロさんは、厳しい監督さんなんですね(笑)
でも、先を見据えた作業だからこそ、ここが大事なんでしょうね。
畑も実りの夏!ですか。トマトも赤く美味しそうですね。
旦那さんの作品は丁寧に磨かれて、また一層を輝きを放っているんでしょうね。たくさんの方に大事にされて、喜んでおられそうですね(^^)
Commented by yumiyane at 2011-07-21 10:26
毎回、凄いなあと感心して拝見させていただいています。
最初に訪問させていただいてからでも、随分整いましたね。
執念というか、やりとげるチカラというか、憧れます。
オリヴィエロさんは、なんでもご存知なのですね。強い味方。
Commented by tammys04 at 2011-07-21 23:21
地道なそして大変な仕事ですよね。ここ最近ワイナリー訪問が続いてて、biologicoよりbiodinamicoのワイナリーが多いんです。農薬を使わない大変さ、そしてだからこその出来上がった時の喜び、いろんなふか~いお話が伺えて為になってます。虫が苦手だけど、こういう情熱的な作り手と話しをしていると自分もワイン作りたいと思います^^
オリヴィエロ氏の厳重チェックは必要不可欠でしょ?(苦笑)
過ごしやすい日が続いているからまだ作業がしやすいかな?先週までの暑さでは作業も進まないですよね。がんばってね~。
Commented by galleriaarsapua at 2011-07-22 05:55
*どんすけさん、こんにちは。
葡萄畑、着々と進化していますよ〜!
オリヴィエロは仕事に関しては妥協しませんね、自分にも相手にも。
おっしゃるように先を見据えた作業です。
この葡萄畑は一生ものになるでしょうからね〜。
畑は今年も豊作です。トマトもとってもおいしいのですよ!
緑の中に赤く実る野菜はとてもきれいです。
亡き夫の作品は皆に手をかけられて喜んでいます。
有り難い事ですね。
Commented by galleriaarsapua at 2011-07-22 06:04
*yumiyaneさん、こんにちは。
そうですね、杭を打っていくと葡萄畑が立体的になってきました。
ここに紐を張るとまた変わっていきます。
全部手作業なので時間がかかります。
執念、やり遂げる力、自分が気付いていないところで持っているのかな?
自分ではただ目の前の事を片付けていっているだけなんですけれど。。。
でもそれも助けてくれる友達オリヴィエロがいるからだと思います。
彼は本当に色んな事をそれもかなり深いところまで知っているので本当に強い見方です。
Commented by galleriaarsapua at 2011-07-22 06:10
*tammyさん、こんにちは。
色んなワイナリーさんを訪問されていると違いとか特色とか良く見えるのでしょうね。
うちくらいの規模の葡萄畑ならば農薬など使わなくてもなんとかがんばれます。
草刈りの為には優秀なトラクターが欲しいのですけれどね。
ソルフォとラーメも撒けるトラクターがあるのですよ。
自分の自動車よりもトラクターのパンフばかりみています。(笑)
そうですよね、葡萄畑の杭打ちはやはりびしーっと揃っている必要がありますよね。
もうこれはアートの域です。
オープニングに向けて色んな事頑張っていますよ〜!!
by galleriaarsapua | 2011-07-21 04:26 | 葡萄畑・ワイン作り | Comments(6)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua