手首のけがとヨガ

今日(5/10)、2ヶ月ぶりにヨガの教室に行ってきました。
チャリティー展覧会の準備や開催、そして集計などの後始末。忙しくて時間が瞬く間に過ぎていきました。
でも今日ヨガに行ってそれだけの理由ではなくてやっぱり来れなかったな。。。と思った事がありました。

それは実は私、左の手首を切って3針縫ったのです。

勿論、自らナイフで手首を切った訳ではないですよ!(笑)
それは4/11、チャリティー展覧会のオープニングの日の朝。オープニングはPM6時〜でしたが勿論私たちスタッフは朝から集合しています。
私はその日のB&Bのお客様がいらしてくれて朝ご飯を準備して送り出し、「さあ早く会場に行かなくては!」と身支度をしてはしごを出してサロンのトイレの上の部分にある収納場所に置いてある、亡き夫がよく書いていたお坊さんのイラストを出そうと登りました。
私のはしごを置いた角度がよくなかった(急いでいたし)のでなんと頂上に登り詰めた時はしごはすべって私ははしごからずり落ちたのです。
凄い衝撃で床に落ちました。一瞬何が起こったのかわからなかったし身体が震え始め思わず外に出てみると血が落ちている事に気付きふとみると左手首が切れているのです。
びっくりしてオリヴィエロに電話して直ぐに迎えにきてくれる事に。私があまりにも興奮して電話をしたので彼は急を要すると察知して彼の家から来るよりも早く来れる展覧会会場にいる日本人彫刻家のS氏に私を迎えにいって病院に連れて行ってくれるように頼んでくれ,S氏と一緒に病院へ行きました。
イタリアの病院にはPRONTO SOCCORSOといって救急のコースがあるのでそこで直ぐに傷をみてもらい消毒をしてもらいました。ただ幸運にも切った場所が手首の上の方だから大事にはいたらないので傷を縫う作業は待って下さい。といわれ5時間近く待たされた後、麻酔もなしで太い糸で3針縫ってぎゅうぅって締めてくれました。痛かったぁああ!!です。
大事には至りませんがその日もいたかったですし左手でお皿を持つ事も出来ませんでした。
パソコンのキーボードも右手だけで打っていました。
パスクワのときに日本から来て下さっていたお客様が女医さんで整形外科医の先生でしたので抜糸してもらいました。それからはみるみるよくなり1ヶ月経つ今日はほぼ完治だと思っていたのですが今日ヨガに行っていくつかのポーズは手首が痛くて出来ませんでした。
忙しくてヨガには行けませんでしたがそうじゃなくても出来なかったな。。。
でも久しぶりのヨガで身体が深呼吸しました。
気持ちよかったです。
はしごを使う時は十分に注意の上で。
そして出来たら一人きりの時は使わない方がいいでしょうね。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
皆さんのクリックのおかげで現在16位です。
とっても励まされています。



人気ブログランキングへ携帯からの方はこちらへおねがいします。
Commented at 2011-05-11 07:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by どんすけ at 2011-05-11 08:11 x
kazukoさん、こんにちは。
怪我、大変でしたね(*0*;)大事に至らず何よりでした…
1人暮らしだと、こうした緊急時に何かと大変ですが、でもそういうときに連絡できる人があるというのは、本当にいいことですね(^-^)
しかし、麻酔なしで縫う?!?!?!?ひぃ~ 聞いているだけで痛いですよ(><)怪我しているのに5時間待つだけでもぐったりですが、その上麻酔なしの処置…大変でしたね…
傷は一見癒えたように見えて、意外にしぶといですからね。無理なさらないようにしてくださいね。
とはいえ、リフレッシュは大事ですよね~♪
Commented by kato_note at 2011-05-11 12:25
こんにちは、う〜痛い話ですね。
怪我をすると「お、意外とこんな所よく使うんだな」なんて意識
しますが、文句なしによく使うであろう手首
ご自愛くださいね〜
Commented by tom at 2011-05-11 13:37 x
いそがしいときにこそ、 そういうことがありますよね。。。。
順調に回復なさっているようで本当に良かったです。
どうぞお大事になさってください。
Commented by ank-nefertiti at 2011-05-11 16:58
ひーっ!
痛そうなんてものじゃなく、よくそれだけの怪我で・・・

今度からは、そういう作業はオリヴァにしてもらおうね。
だって、完全に男の仕事ですよぉ!

手首は動かすところだから、辛いですね。
お大事にねぇ!
Commented at 2011-05-12 00:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tammys04 at 2011-05-12 07:12
こわい・・・私も今の家に一人暮らしを始めた翌日、靴脱ぎ生活のために床を消毒している時、大きな音にふと頭を上げてサッシの角でおでこを深く切りすごい出血した経験あります。
あまりの出血に身体が震えてパニックでいつもの携帯なのに友達の電話番号さえ探せず、やっとかけた友達は電話に出てくれず(苦笑)死ぬかと思った。
一人暮らしって本当にこういうことも何も含めて気をつけないといけないんですよね。しかも特に疲れていたり、急いでいる時にこういう事が起こりやすいですね。
それにしても手首を縫うのに麻酔なし???さすがイタリアのpronto soccorso.想像するだけで気絶しそうです。
一日も早く良くなりますように。手首って使いますからね。
Commented by yumiyane at 2011-05-12 11:32
kazukoさん、お願いしますよ。無理なことしないでください!
あの忙しい時にそんなことがあったなんて。よっぽどガンバリ屋さんなんですね。
早くなおりますように。
↑のYoutube、私も続けて2回観て、嬉しくなりました。メロディが残って、そして福島に行こう!と思いました。
こういうビデオがこんな効果をもたらすなんて、初めての経験。

Commented by akicosmosA at 2011-05-12 18:31
kazukoさん*びっくりしました。
でも飛んできてくれる人がいて良かったです。怪我ももう大丈夫なのですね。お気をつけてね。
上記記事・・・実は私も天皇陛下と皇后さまの被災地訪問の姿が
あまりにも優しさにあふれていて胸がいっぱいになりました。
同じ目線で寄り添う気持ちが皆さんにも伝わるのですね。
清々しい顔で被災者の方々が元気がわきましたの言葉で私
泣いちゃいました。
みんな出来ることで助け合っていると思います。
原発が難問ですが・・・。
動画も感動ですね。
Commented by momimam at 2011-05-12 22:31 x
大きな行事、それにお客さまが次々といらしてお接待に忙しい中、焦ってしまわれたのね!! ぞっとします。
処置までの時間、処置! 血の気がなくなる・・・

当然とはいえお一人で切り盛りを たいへんでしたね。
若いから 乗り切れたのね。

行き合わせたWさん 手馴れたものだったでしょうが・・・ 
kazukoさん、どうぞ ご無理なさらずにね。
加減して!! おだいじに!!
Commented by ポルトガル・青目 at 2011-05-14 23:56 x
大変でしたね、お疲れだったのでしょう。時々は、手を抜いて・・・あなたには難しいかな・・・私を見習って・・・大事にならなくてよかったことです。薔薇の花の咲くのが楽しみですね。うちは、そろそろ終わります。
Commented by fumieve at 2011-05-15 07:01
えええええっ大変でしたね、かけつけることができる距離ではないので何もお役に立てませんが・・・それでも、何かあれば、声をかけてくださいね。
よくなってきたとはいえ、まだまだどうぞお大事に。
Commented at 2011-05-15 08:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 00:24
*鍵コメ,at 2011-05-11 07:03さま、こんにちは。
本当にはしごは一人のときに使っては行けないといわれていたのですけれど。。。
大事に至らなくて本当によかったです。
今はほぼ完治。でもこの傷をみたら無謀な事は慎むように肝に銘じます。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 00:53
*どんすけさん、こんにちは。
本当に大事に至らなくてよかったです。
自分の脳天気さに警告されたような事故です。
もっと慎重にならなければ。。。
手首を切ったのにはちょっとビビりましたよ。
一つ一つの行動にたいしてもっと慎重にならないと。。。です。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 00:56
*kato_noteさん、こんにちは。
本当にけがをすると如何に普通に身体を動かせる事が出来ている日常の有り難さに気付きます。
優しいお見舞いのコメントありがとうございます。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 00:57
*tomさん、こんにちは。
急がば回れという言葉があるのですがなかなか出来ませんね。
慌ててしまって。。。本当に大事に至らずよかったです。
お見舞いのお言葉ありがとうございます。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 00:59
*杏さん、こんにちは。
本当におっしゃって下さるようにこれだけのけがで済んでよかったです。
そしていつもはしごは一人のときには絶対に使ってはいけないといわれていたのですが。。。
どうしてもデッサンを持っていきたくて。。。
でもやっぱり危険な事を教えてくれました。
これからはオリヴィエロに頼みます。(彼もそういっています)
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 01:00
*鍵コメ,byさん、こんにちは。
ありがとう。ラベンダーオイルで早速してためしました。
でもほぼ完治しています。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 01:05
*tammyさん、こんにちは。
本当に手首から血が出ているのに気付いた時は本当に怖かったです。
待っている時もじっとしてられずにテラスをグルグル回っていました。
今は本当にほぼ完治しています。
おでこを窓のサッシにぶつけて。。。っていうのも怖かったですね。
お互い本当に気をつけましょう。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 01:09
*yumiyaneさん、こんにちは。
本当にそそっかしいですよね。
これくらいのけがですんで本当によかったです。
いつもかなり冒険してしまいますので。。。
今はもうすっかり治ってヨガのポーズも出来るようになりました。
youtubeみて下さったのですね。
所々に有名人がでてきてそして皆の愛情が伝わってきて胸がジ〜〜ンッてしました。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 01:14
*こすもすさん、こんにちは。
お見舞いのメッセージありがとうございます。
もう手首のけがはすっかりいいです。
最初の2週間くらいは左手が思うように使えませんでしたけれど。。。
この年になってはしごを上るなんて。。。もうちょっと考えなければですね
天皇ご夫妻の福島入りには本当に感激しました。
本当にお姿から優しさに溢れているのがわかりますよね。
神様が居るのなら。。。そんな優しい国の日本を見捨てない。と思っています。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 01:17
*momimamさん、こんにちは。
お見舞いのメッセージありがとうございます。
小さい時からそそっかしくって。。。
もっと慎重に行動しないと行けないと警告されたような気がします。
けがをしなければ答えない性格なんでしょうね。。。(苦笑)
抜糸をしてもらいにお医者のところに行かなければ行けなかったのですが時間がなくて伸ばし伸ばししていたところにWさん親子がいらして下さって娘さんが抜糸して下さいました。
とっても安心してお任せ出来てありがたかったです。
はい、加減しながら気をつけながら頑張ります。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 01:19
*青目さん,こんにちは。
そうですね、読みが浅いというか注意が足りないのは私のいけないところです。
そう大事には至らなかったのですが転び方によっては骨折していたかもしれません。
そうなったときには大変でした。
手を抜いて〜と思うととことん抜いてしまう加減を計るのが下手です。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 01:20
*fumieveさん、こんにちは。
優しいお見舞いのメッセージありがとうございます。
イタリアではあまり病院にお世話になりたくないな。。。と思いました。
これから気をつけます。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-16 01:40
*鍵コメ,at 2011-05-15 08:20さん、こんにちは。
やさしいメッセージありがとう。
そちらにメールしますね。
Commented by marcheselli at 2011-05-18 00:45
気をつけてくださいね。私も一人暮らし経験あるので、心細かっただろうと察します。手は使いますのでくれぐれもお大事に。
Commented by galleriaarsapua at 2011-05-18 04:55
*marcheselliさん、こんばんは。
本当に気をつけなければです。
事故が起きたのが明るい時でよかった。夜だったら大変でした。
本当に普通に手が使える事に感謝です!
by galleriaarsapua | 2011-05-11 05:03 | 健康オタク | Comments(28)

遥かルネッサンスの時代ミケランジェロも石を求めに通ったイタリア、カッラーラ。大理石の山並みを一望できるところに家を建てたKazuko


by galleriaarsapua